絵手紙遊印彫師・夢追い人
yumehorisi.exblog.jp
日本 絵手紙協会公認講師。第1・第3回中国絵手紙使節団員参加。独特の消しゴム印と絵手紙のジョイントを探る
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
日々是絵手紙
絵手紙の小窓
わたしのささやかな暮らし
うさぎとかめがす~べった
はがき絵 日和
ふるさとの礎    なか...
孫日記~遥かなる和へ
北の端っこから 日記
PHOTO雑記帳
日建ハウジング ブログ ...
清野建設株式会社
中標津レクリエーション協...
在日中国人女性の随筆  
お花 to 園の情報
第一宅建設計ブログ
My slowlife ...
北根室ランチウェイ:お知らせ
北根室ランチウェイ(北根...
カワセミ工房 鎌倉 (旧...
すみさんからの絵手紙
KUKURAのなんでも日記
のこたんのきらきら絵手紙...
ぽんぽこの絵手紙、字手紙...
素敵にハンドメイド  (...
チャーミングさんの絵手紙...
QPの思い立ったら吉日~...
工務店女房の細腕繁盛記
きゅうママの絵手紙の小部屋
北海道フライングディスク...
里のままが描く絵手紙
月の夜うさぎのように飛び跳ねる
ちびちゃんだより
元気もらって元気くばり
すみちゃんの「絵手紙のあ...
釧路自主夜間中学 「くるかい」
泰山の絵手紙
柴まみママの大多喜便り
がばいちびちゃん の 絵...
銀河夢
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵日記&50円の旅
三日坊主
えっちゃんの絵手紙日記
ピッコロの晴耕雨筆
どんぶりカフェ&お弁当 ...
一汁三菜&ときどき絵手紙
花よりライス~BANAN...
絵てがみとナチュラルリース
ごまめのつぶやき
NONKOの絵手紙便り
最新のコメント
4月7日鍵コメ様 了解..
by yumehorisi at 05:40
3月1日非コメ様。 ご..
by yumehorisi at 06:25
22日の鍵コメ様。 あ..
by yumehorisi at 05:53
nobuyuuta 様..
by yumehorisi at 05:22
ご苦労様です。 北..
by nobuyuuta at 10:36
nonko2014 さ..
by yumehorisi at 06:09
きゅうママへ。 単なる..
by yumehorisi at 06:05
車だけで済んで、良かった..
by きゅうママ at 09:09
がくさん ありがとうござ..
by nonko2014 at 08:29
nobuyuuta さ..
by yumehorisi at 06:08
リンク
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
絵手紙
from 一語で検索
郵便番号
from いま話題の検索語とは?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
田口孝夫絵手紙スケッチ旅行。(SDTの法則)
f0029393_8302819.jpg

さて、懇親会場に着いて、一時間も経過してやっとこさ、懇親会が始まった。

前置きしておきますが、根室市での懇親会!。
あれを食べた。これを喰った。どうだすごいべ!という懇親会では無い。
どうか、この3日間の絵手紙講演会の随所にちりばめられた「演出」の数々から、「あーそーなんだ・そういうことだったのね」とご覧になっていただきたいのです。

会場は、窓の部分はビニール張り。風が吹くとばさばさと音がする。

「東京から来る絵手紙の大先生を、こんなビニール張りの会場で良いのか?」
「上品に、お三味線が鳴るような・ちょびちょびと料理が出てくる懐石料理が良いんではないの?」

3年前の田口先生を迎えた初めての年。この意見に私は反対した。

全国を旅する先生が、奈良も鹿児島も根室も、食べるものが一緒ではだめ
根室は、根室でしか食べられないものを出す。
「だって、いっつも食べているものは、そう上品ではないよ」

「いや、だからそれが良いんだよ。」
忘れられてしまうような、懇親会ならしないのと一緒なんだよ」
「ほんとに、ここでいいんですか!」
「良い!」

こうしたいきさつが有って、計画は進められた。

「口下手なので、開会と歓迎の挨拶がわりに」と会長のIさんから
「講演会が終わって・根室に1時間半かけて帰って、その感激を一晩空けた次の日に描くのでは無く、今の気持ちで、再度会員が集まって描きました」
と、田口先生に宛てた絵手紙を読み始めた。
f0029393_8311458.jpg

SDTの法則。Sは、スピーディー。D=ダイナミック。T=タイムリー。
どれが欠けてもダメなのです。
明日では無い・今の今。チマチマしないで、ダイナミックに。しかもタイムリーであること。

大口を開けて大笑いをした後に、またキリッと会を引き締める挨拶をする。
しかも絵手紙仲間らしく・絵手紙で!です。
f0029393_8362689.jpg

心なしか、田口先生の目元が気になりました。
これには、私もググッ!っと・
f0029393_8382818.jpg

もう関西喜劇仕立てのドラマのような展開です。

見たか根室の歓迎ぶりを!
f0029393_8533293.jpg

「貴女の名前は?」「ハイ・白鳥・・・・」
「すごい、女優さんと一緒でしょう」
「エ!どの人?どの人?」
f0029393_8404465.jpg

f0029393_841698.jpg

「根室では、皿は使わないの?」
「新聞紙が皿がわりなの」
「終わったら新聞紙で包んで捨てるの」

「エ!熱いじゃない」「熱かったら2枚も、3枚も重ねるの」
「どうやって食うのさ」
「いやー手間のかかる先生だね」
「切って上げないと食べれないってかい?」
f0029393_8463331.jpg

「いいふりこかないで、かぶりつけばいいしょや」
あっという間に2時間は経とうとしていきます。
f0029393_8481220.jpg

最後にもう一度、描いたカニの絵が見たいということで、明るいところでご対面。
宴もたけなわですが、2時間以上の懇親会は次の日に堪えます。
f0029393_8563719.jpg

全国どこにもない。根室だけの懇親会。絵手紙がかける不思議な縁。
なぜに、こんなにやさしくなれるのか?なぜにこんなに頑張れるのか?


出発は、調度8時。
根室の町中に歌が流れます。

嵐も吹けば雨も降る。女の道はなぜ険し。
君を頼りに、私は生きる。
ここに幸あり、青い空。

見送りの手がいつまでもふられます。

[PR]
by yumehorisi | 2006-10-18 07:04 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)