絵手紙遊印彫師・夢追い人
yumehorisi.exblog.jp
日本 絵手紙協会公認講師。第1・第3回中国絵手紙使節団員参加。独特の消しゴム印と絵手紙のジョイントを探る
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
日々是絵手紙
絵手紙の小窓
わたしのささやかな暮らし
うさぎとかめがす~べった
はがき絵 日和
ふるさとの礎    なか...
孫日記~遥かなる和へ
北の端っこから 日記
PHOTO雑記帳
日建ハウジング ブログ ...
清野建設株式会社
中標津レクリエーション協...
在日中国人女性の随筆  
お花 to 園の情報
第一宅建設計ブログ
My slowlife ...
北根室ランチウェイ:お知...
北根室ランチウェイ(旧ブログ)
カワセミ工房 鎌倉 (旧...
すみさんからの絵手紙
KUKURAのなんでも日記
のこたんのきらきら絵手紙...
ぽんぽこの絵手紙、字手紙...
素敵にハンドメイド  (...
チャーミングさんの絵手紙...
QPの思い立ったら吉日~...
工務店女房の細腕繁盛記
きゅうママの絵手紙の小部屋
北海道フライングディスク...
里のままが描く絵手紙
月の夜うさぎのように飛び跳ねる
ちびちゃんだより
元気もらって元気くばり
すみちゃんの「絵手紙のあ...
釧路自主夜間中学 「くるかい」
泰山の絵手紙
柴まみママの大多喜便り
がばいちびちゃん の 絵...
銀河夢
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵日記&50円の旅
三日坊主
えっちゃんの絵手紙日記
ピッコロの晴耕雨筆
どんぶりカフェ&お弁当 ...
一汁三菜&ときどき絵手紙
花よりライス~BANAN...
絵てがみとナチュラルリース
ごまめのつぶやき
NONKOの絵手紙便り
最新のコメント
23日の森様! どうし..
by yumehorisi at 04:59
ohisashi bur..
by saitama no mori at 12:22
14日の鍵コメ様。コメン..
by yumehorisi at 04:36
がくさん ありがとうご..
by mt-banana at 12:26
7月1日の非コメ様 若..
by yumehorisi at 05:00
4月7日鍵コメ様 了解..
by yumehorisi at 05:40
3月1日非コメ様。 ご..
by yumehorisi at 06:25
22日の鍵コメ様。 あ..
by yumehorisi at 05:53
nobuyuuta 様..
by yumehorisi at 05:22
ご苦労様です。 北..
by nobuyuuta at 10:36
リンク
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
絵手紙
from 一語で検索
郵便番号
from いま話題の検索語とは?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007年 05月 18日 ( 1 )
東京会場に行けなかった人のための、ブログ展示会
f0029393_3221492.jpg

行ってみたい展示会は、一番乗りを目指せ。
展示会は、往々にして「写真お断りとか!」とか「スケッチだめ!」とかがあるもんです。
こんな事を書いてあってもやってはいけませんよ。
往々にして準備不足とか、係員の配置指示不十分とかがあって・・・。

・・・の場合がある。
私は、どんな事になっているか?「心配で心配で」10時頃に顔出しをしました。

旅館に、予約の名前があるか?無いか?が気になるように入り口に看板があるじゃん。

山手線品川の次の大崎駅だぜ!そこの西口歩いて・徒歩1分?そんな場所ですごい。
と思うわけだ。

しかし、お客が来るのか?
私の場合は、「来てもらってなんぼで!」「お土産プレゼント付き」までPRしてるんだから、「出血大サービス」・大崎ウエストギャラリー展示会ものが、始まって以来の大椿事?

なんとも、お客さんが来ると異常な接待をしてしまう「北海道人?」のような気もする。
f0029393_3372216.jpg
「出会いの話」
田口先生から「紫陽花の花」が届いて感激。

初めて釧路で田口先生と会ったとき、何も知らなくて空いていたテーブルに座ったらそこがメインテーブルだった。

恐れ多いテーブルに、おじさんが堂々と座るとだれも何も言えなくて、そのままになり左に田口孝夫先生。右手に帯広の津島民子先生が座った。
真ん中俺さ!。

「知らない」というのは、利点もあるもんだ。
「知っているために、飛び越せないハードルを自分で作ってしまうこともある」
それが今日の日になっている。
f0029393_3561972.jpg
「名刺の話」
田口先生から、その時名刺をいただいた。
「夢追いかけて」と字が書いた名刺をいただいた。感激した。
こんな名刺があるのか?

名刺は、非常に重要で「夢追いかけて」という言葉を、頂戴して「夢追い人を、登録商標にする」と勝手に言い出し今日に至るほどのことがある。

言いたいことは、良いな~と思う人から少しの模倣を取り入れるということだろうな。
まるっきりはダメ。

名刺をいただいて何人かの方には、初めて会って言いづらい話だが、話をしました。
郵便番号・住所・氏名・電話番号は、ファイルして引っ張り出して見なくともいいように「表に書いてください」
ということは、絵も表になります。
自宅に帰り、当然ファイルします。
絵が、表で裏に住所では、一回ごとに引っ張りださなければならない。
当然扱いは面倒になるため、交流の度合いが減ることになる。

名前を覚えてもらうためなら、裸踊りもいとわないという人もいるほど。
それが、顧客の獲得・営業先の確保にすらつながる場合もあるのだから。
名刺は、重要です。
f0029393_4153557.jpg

f0029393_4165318.jpg

「少し気が早いが、終わった後の絵手紙は?」
絵手紙は、ブログのコメントもついて、実にゆったりと展示してある。
3っつの部屋に分かれて展示されていて、「あら、まだ有るのね」という声が何度も聞かれた。
手間隙がかかっていて、大阪会場で終わったら、絵手紙をとって後は、終わりですか?
と聞いたら、「どこかでお使いでしたらそのまま送ります」という返事だった。

で、7月1日から、勤務先の「道立ゆめの森公園」で、展示会を始めることにした。8月いっぱいの予定だ。
で、その後だが、「展示会が出来る」という人にはお貸ししたいが、それなりの展示スペースが居る。
簡単な額装仕立てになっているので、私がいただいた絵手紙だが、「がくさんの絵手紙交流展展示記念、東京大崎ウエストギャラリー07年5月14日~・・。大阪・・・日~・・日と、額装の下に、プリントをして送るので、欲しい人は言ってもらいたい。

裏打ちは、ポリの板なので、送る場合、折れないように裏打ちが必要になったりする。
大物は、カットして?。ま8月過ぎなので問題先送りで考えましょう。
f0029393_4313861.jpg

f0029393_4322469.jpg
f0029393_4324474.jpg

f0029393_4344684.jpg

いやいや・「臨時遊印彫り講習会」さ。

がくさん「どこまでもサービス精神旺盛」よ。
見てる人に「集まって」なんて、号令までかけて、好きだね。あはは。
いやいや・こんなに上から撮られるなら、某メーカーに相談すればよかった?

さぁ、遊印プレゼントも、どれだけの応募が集まるかね。
あ!早くも「名前を彫ってください」という人が現れたが、「言葉印」なので「名前印」では、無いのでよろしく。
名前印は、時間もかかるし、紅白に出た歌手と一緒で、がくさん時給すこし高くなったから、
あはは。
f0029393_4441171.jpg

「世の男どもよ、手紙を書け」
今回の交流展を通じてのテーマは、「世の男どもよ、手紙を書け」というメッセージのような気がする。
14日朝に、NHKのテレビが東京周辺の放送で、朝と夕方・「大崎で交流展がある」という放送したらしい。

入院している母が、テレビを見て「大崎に行きなさい・といわれて来ました」という方が「来て良かったです」と私の手を握り締めて、「感激しました。母に報告できます」とウルウルしながらお帰りをいただいた。

ガンと闘い、力の有る限り絵手紙をかいて「人生やりなおし」とかいた斜里の藤村さんの絵手紙の前では、何人もの方に涙を流していただいた。

男の方には、戦争中・軍事郵便に「やしの葉っぱ」などを書いて送っていた人も居たもんです。

団塊の世代の私としても、まさかこんな世界が来るとは思わなかった。

名刺に肩書きがなくて、ネクタイ締める洋服しかなくて・・・威張ってばかりじゃ・男どもよ。と某氏が言っていたような気がする。

そんな場面が来たら「がくさんにしゃべって貰う」機会かもね。
という話があったが、奥さんに連れられて、いやいや会場に現れるような男どもに話をするのもなぁ~。
自分で変えようと思わなければ、変わらないぞ。おそらく。
f0029393_4532883.jpg
健康管理
会場の空調が良くて、水を飲まないでしゃべくりまくっていたが、終わってから「水分」が欲しくなった。

それに、初日の緊張。

夜の懇親会は、絵手紙協会事務局長・編集長・事務局次長の4人で東京のど真ん中・東京駅八重洲中央口から徒歩3~4分。

さすが東京だぜ。通りすがりに緑の髪の「マチャマチャ」が通り抜け少し田舎もんはびっくり。

そんな面子の歓待で、またもや精神は高揚します。
俺だけのためにとおもうじゃ ないですか?

ビールも進みます。

しかし・やはり、長丁場の体調管理は、アルコールは体力の回復に良くないな。
f0029393_5231197.jpg
f0029393_5235491.jpg


花とプレゼント
非常に書きづらいのだが、ごめん・書かねばなるまい。
あくまでも、北海道に住む私が基準なのでそこのところを汲んでもらいたい。

「お花お断りをします」と書いたが、無いとやはり淋しい。これは事実。
プレゼントも、実に貰い慣れていない「おじさん」は、世の殿方から大批判が浴びるほど嬉しい限りである。

ところが、数が多くなると北海道まで持って帰れないのさ?
飛行機は、液体ダメだべ!
いや~ごめんね。新潟の美味しいお酒。泣く泣く持って帰れないのさ。

そして東京の人は、歩くべ。どこまでも・地下鉄でも、羽田でも歩くべ。
左の靴のかかとが、減って歩きづらい・歩きづらい。うそだ!

銀座での懇親会重くなって持って歩けなくて、ホテルに持って行って置いてさ。

そんな訳で夜の懇親会の開始が、協会への私の到着が、あまりの遅さに、協会では、「がくさんは、銀座を匍匐前進で歩いているのでは無いかと」話していたらしい。
さすが、協会の若い女性事務職員は、「がくさんは、匍匐前進が出来る人だ」という事を、全員が知っていたと。まいったな。

もう一つ、一個二個ならと私も記憶力でなんとかなったが、正直ダレに何を貰ったのか?
数が多くなったら、分からなくなるのさ。

いや・いや・いや、決してあなた様からいただいたものが、迷惑だとは言いません。
けっして、あなたさまからいただいたものが何だったのか?とは言いません。
でも名前を書いておいていただけますか?。

さて、今日はここまで。
やはり、ブログ訪問者の方が増えました。うれしい限りです。
[PR]
by yumehorisi | 2007-05-18 05:51 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(8)