絵手紙遊印彫師・夢追い人
yumehorisi.exblog.jp
日本 絵手紙協会公認講師。第1・第3回中国絵手紙使節団員参加。独特の消しゴム印と絵手紙のジョイントを探る
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
日々是絵手紙
絵手紙の小窓
わたしのささやかな暮らし
うさぎとかめがす~べった
はがき絵 日和
ふるさとの礎    なか...
孫日記~遥かなる和へ
北の端っこから 日記
PHOTO雑記帳
日建ハウジング ブログ ...
清野建設株式会社
中標津レクリエーション協...
在日中国人女性の随筆  
お花 to 園の情報
第一宅建設計ブログ
My slowlife ...
北根室ランチウェイ:お知らせ
北根室ランチウェイ(北根...
カワセミ工房 鎌倉 (旧...
すみさんからの絵手紙
KUKURAのなんでも日記
のこたんのきらきら絵手紙...
ぽんぽこの絵手紙、字手紙...
素敵にハンドメイド  (...
チャーミングさんの絵手紙...
QPの思い立ったら吉日~...
工務店女房の細腕繁盛記
きゅうママの絵手紙の小部屋
北海道フライングディスク...
里のままが描く絵手紙
月の夜うさぎのように飛び跳ねる
ちびちゃんだより
元気もらって元気くばり
すみちゃんの「絵手紙のあ...
釧路自主夜間中学 「くるかい」
泰山の絵手紙
柴まみママの大多喜便り
がばいちびちゃん の 絵...
銀河夢
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵日記&50円の旅
三日坊主
えっちゃんの絵手紙日記
ピッコロの晴耕雨筆
どんぶりカフェ&お弁当 ...
一汁三菜&ときどき絵手紙
花よりライス~BANAN...
絵てがみとナチュラルリース
ごまめのつぶやき
NONKOの絵手紙便り
最新のコメント
4月7日鍵コメ様 了解..
by yumehorisi at 05:40
3月1日非コメ様。 ご..
by yumehorisi at 06:25
22日の鍵コメ様。 あ..
by yumehorisi at 05:53
nobuyuuta 様..
by yumehorisi at 05:22
ご苦労様です。 北..
by nobuyuuta at 10:36
nonko2014 さ..
by yumehorisi at 06:09
きゅうママへ。 単なる..
by yumehorisi at 06:05
車だけで済んで、良かった..
by きゅうママ at 09:09
がくさん ありがとうござ..
by nonko2014 at 08:29
nobuyuuta さ..
by yumehorisi at 06:08
リンク
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
絵手紙
from 一語で検索
郵便番号
from いま話題の検索語とは?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007年 05月 19日 ( 2 )
思い出を出発にする絵手紙交流展へ。
f0029393_2044321.jpg

(遊印を彫るときは、私も立派な老眼ですので拡大ルーペがあった方がはっきり手元が見えます。)

おかげさまで東京会場の絵手紙交流展が終わりました。

さきほど絵手紙株式会社のSさんからも電話があり、今回の交流展の事を「本当に北海道に在住するがくさんの交流展で大丈夫か?」という事は、お客さんが来るのか?と心配しました。
という正直なお話をいただきました。

事実・私もそう思って居たわけで、会場でのお客さんの滞在時間が長いんですねそしてはっきり言って、多くの方においでいただきましたと受付の係りの方からも、弾んだ声をいただき本当に安心しました。

f0029393_20503596.jpg
これな~に?という方も居ると思うのですが、「会場にお越しいただいた方に、ことば遊印をプレゼントします」とお約束いたしました。

その遊印プレゼントですが、私に直接白荷札を送って下さった方には、明日にも送ります。

受付係りにおいて来た方は、私の方に送ったという事なので、追って送ることになります。

受付係りで受け取った数は、私の思った数より少なく、安心しました。あはは。

ブログを見るだけで、うらやましがっている人は、チェックをつけてコメントをください。


楽しみにしてますから。
f0029393_20505564.jpg
送り方は、こんな風になります。
120円切手を貼って・住所を書いて・あて先をかいて・彫ってほしい言葉をかいて。と。

名前印では、ありませんよ。

ことば印です。

名前を彫ってほしいは、ゴムの材質や、持ち手がついて上質の絹地のはかまが付きますので、時間にしても、それなりにかかりますのでごめんね。

明日軽い山登りという事で、朝が早く今晩中に明日の分を、投稿します。

明日の午後は、せせらぎを聞きながら温泉にいますから。

あ!ビールも飲めるな。運転手じゃ無いし。いいな・いいな♪♪。
[PR]
by yumehorisi | 2007-05-19 21:09 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(3)
東京会場に行った人も、思い出を噛締める絵手紙交流展
f0029393_7242373.jpg

昨晩メールで、昨年6月のブログマラソン・交流展のお声をかけていただいた絵手紙株式会社のSさんから「私が東京から帰った後も、交流展会場の方は盛況です。」
とメールをいただきました。ありがたいことです。

大阪会場が始まる前なのだが、この傾向は時間をかけて大阪に引き継ぐような気がするので、今気が付いていることを、書いておきたい。

何が1番で・何が2番という訳ではないが、やはり今回は「ブログ」という同時進行とか・瞬時とか・広域性とかが挙げられるのではないかと思う。

「がくさん、ブログというお金がかからないで、いろんな世界が見えてくる面白いものがあるよ」という事を教えていただいたのは、岡山のOさんからでした。

なるほど!これは面白いものだ。
と思い早速私の知恵袋・「教育委員会Y学芸員」に手ほどきを受ける。

絵手紙のブログをはじめるに当たり、ブログ特有の「匿名性」のようなものを、どうするか?
「公認講師を名乗っていいのか?」という気持ちがあったわけだが、「名乗った」

今回の交流展・好評の一因として、教室・サークルを指導している私も存じ上げていない、公認講師の方々が、この「交流展を見に行きなさいと言われてきました。まだ、初めて2ヶ月です。」などと言う方が相当居た。

公認講師を、名乗っておいて良かったなと思った。

どんどん話は飛ぶのだが、「自分の絵手紙が上手だ!」などと思う時は、絶対無いのです。
「交流展とは言え、がくさんのも無いとだめでしょう?」と言われたから「イヤイヤ」出すので出さないで済むものなら、謙遜では無く出したくないくらいです。

だから、初めて2ヶ月でまだまだです。というのは「良し」としても、「もう少し上手になってから出します」という返事はどうかな?。

「公認講師で、交流展もやってそれでこの程度?」そんな強迫観念は、逆にいつも付きまとうのです。
書き直しは出来ないし、一枚書けば体力はなくなるし「いいや!エイヤ」と気合を入れて、そのまま「見直さないで」出しているのが、私の現状です。

だって、次の日冷静になって見直したら、とても出せるものではないと思ってしまうのです。
そんなもんだって。
f0029393_75698.jpg

交流展を見に行って勉強してきなさい、と背中を押してくれた指導者の皆さんは、「交流展でいろんな方の絵手紙を見ることが出来る」という事を知っていたのでしょうね。
ただ、前も書きましたが「解説員」が居ないので「この方が、絵手紙協会スペシャル講座の講師の方」とか。
この絵手紙は、!!という声かけが十分出来なかったため、そのまま素通りということも会ったわけです。
f0029393_893229.jpg
絵手紙が瞬時に・広域にというキーワードを実現してみたのは、岩手のEさんの勉強によるものです。

Eさんは、本人を前にしていうのもなんだが、70歳台にして携帯電話を知り、携帯でメールを打ち、パソコンにさわりパソコンで、メールを作り・スキャナーで、自分の描いた絵手紙を取り込み、メールに添付して、私に送っていただく。

北海道の私が、すぐさまそれをブログにする。

郵便屋さんが、2~3日後に届けるという絵手紙のパターンをくずしたということにも、あります。

言いたいことは、いくつになっても、いくつから始めてもいいから、貪欲に勉強する。ということだと思います。

「もう・この年になって・頭が硬くて・とてもとても!」

Eさんのすごいところは、「質問力」です。

「私は何が知らないか?」を見つけて電気屋のお兄ちゃんに、「ここまで分かったけど・ここから分からない」と聞きに行った。ということです。
特にパソコンは、「自分が何が分からないのか、が・分からない!」という場面があります。

私は、そのため自分のまわりに、理想的にはジャンル別に相談相手などが居ることが望ましいかな?
理想的には、医師・弁護士(そんな友達いないって・・)はい、そうですね。

絵手紙の世界も「絵手紙つながり」があって、あの人の友達のあの人というのがあります。

今回も、一蓮托生・ご家族親戚ご一同様で会場入りしていただいたことも、一因かと。
f0029393_8303952.jpg

秩父市のSさん。
今83歳。
80歳になって「公認講師になりたい」
80歳になって中国に行ってみたい。
いくつになっても勉強・生涯学習のお手本のような方です。
私が20年後、私にそんな気力があるか?出来るか?
会場でお会いし、会話の速さ・低い声で通じる聴力の良さ・しゃんとした姿勢の良さ。

ブログに「60うん才のば~さんです」という書き込みをされたあの方も会場に!
「若いじゃ~ん」
f0029393_8385490.jpg

交流展の交流分野が、「絵手紙友の会・ブログ・第1回中国・第3回中国・私の指導教室やサークルの関係」などにバランス良くなっていたのも一因のような気もする。

もちろん、田口先生の絵手紙養成講座が同時開催されて、「会場に行く前に来ました」という方、先生に「交流展をやっているので見に行きなさい」といわれてきましたという方が多かったのも一因でした。

大阪周辺は、どちらかといえばブログ繋がりの方が多いのでいまから「ドキドキ」です。
f0029393_8501276.jpg
f0029393_8505576.jpg
f0029393_8511260.jpg

さ~遊印プレゼント。
いったいいくつ応募があるのでしょうか?

ちょびっと書きましたが、消しゴムはあくまでも消耗品です。
石印ではないわけです。
100均の5個で100円の消しゴムは、比較的おおきなひらがななど、精密でないし練習用に好いわけで、有る程度耐久性を求めるのなら、違う消しゴムになります。
それでも石印では、ありませんのでそれくらいなんですよ。

だから、はやくすっと彫ってプレゼント出来るのですぞ。

あ、白荷札を直接自宅に送っていただいた方は、サクサクと送りますからね。
まだ手元に持ってて「偉い先生に、恐れ多くて」なんて考えていると、プレゼントになりませんよ。
私しゃえらいなんぞちっとも思ってなくて、笑顔で写真を撮るって疲れるもんだなと思っているほどです。

明日は、軽い登山。

昨日はすっかり忘れていた「FM釧路」収録日。
パーソナリティーのお姉さんか「がくさん、忘れてるでしょう?」って事前コール。
助かった。実はあまり考えてなかったが、お姉さんの突っ込みもあり12分にまとめて収録。

あ!追伸。
15日だったかな?
「相田みつお」似の背のすらっとした男性が、秘書のような若い男を伴って会場に現れたさ。

エッ!本人。本人は?じゃ息子。
私は、一応おずおずと名刺を、その方から名刺はいただけなかった?
受付係りのお姉さんと「ところで相田みつお先生」って??

さて、あの方は?

東京だもの・タレント「マチャマチャ」の前に東京駅に向かって、あの太ったタレント内山君も歩いてすれちがったからな~?。
[PR]
by yumehorisi | 2007-05-19 09:27 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(1)