絵手紙遊印彫師・夢追い人
yumehorisi.exblog.jp
日本 絵手紙協会公認講師。第1・第3回中国絵手紙使節団員参加。独特の消しゴム印と絵手紙のジョイントを探る
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
日々是絵手紙
絵手紙の小窓
わたしのささやかな暮らし
うさぎとかめがす~べった
はがき絵 日和
ふるさとの礎    なか...
孫日記~遥かなる和へ
北の端っこから 日記
PHOTO雑記帳
日建ハウジング ブログ ...
清野建設株式会社
中標津レクリエーション協...
在日中国人女性の随筆  
お花 to 園の情報
第一宅建設計ブログ
My slowlife ...
北根室ランチウェイ:お知...
北根室ランチウェイ(旧ブログ)
カワセミ工房 鎌倉 (旧...
すみさんからの絵手紙
KUKURAのなんでも日記
のこたんのきらきら絵手紙...
ぽんぽこの絵手紙、字手紙...
素敵にハンドメイド  (...
チャーミングさんの絵手紙...
QPの思い立ったら吉日~...
工務店女房の細腕繁盛記
きゅうママの絵手紙の小部屋
北海道フライングディスク...
里のままが描く絵手紙
月の夜うさぎのように飛び跳ねる
ちびちゃんだより
元気もらって元気くばり
すみちゃんの「絵手紙のあ...
釧路自主夜間中学 「くるかい」
泰山の絵手紙
柴まみママの大多喜便り
がばいちびちゃん の 絵...
銀河夢
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵日記&50円の旅
三日坊主
えっちゃんの絵手紙日記
ピッコロの晴耕雨筆
どんぶりカフェ&お弁当 ...
一汁三菜&ときどき絵手紙
花よりライス~BANAN...
絵てがみとナチュラルリース
ごまめのつぶやき
NONKOの絵手紙便り
最新のコメント
№57さん。 台風の行..
by yumehorisi at 05:47
福岡もどんどん寒くなって..
by No57 at 22:53
№57番様 はい!福岡..
by yumehorisi at 05:47
素敵な印鑑、頂きました。..
by No.57 at 23:19
23日の森様! どうし..
by yumehorisi at 04:59
ohisashi bur..
by saitama no mori at 12:22
14日の鍵コメ様。コメン..
by yumehorisi at 04:36
がくさん ありがとうご..
by mt-banana at 12:26
7月1日の非コメ様 若..
by yumehorisi at 05:00
4月7日鍵コメ様 了解..
by yumehorisi at 05:40
リンク
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
絵手紙
from 一語で検索
郵便番号
from いま話題の検索語とは?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:絵手紙で出逢った人々( 1000 )
私事ですが。
おはようございます。
今朝は静かな雨です。
雨が降っているときは、暖かい。と思う時期がやってきました。
雨が降るときは、プラスの気温ですから暖かい。あとは全部「雪になる」ということです。

さて、私事ですが、勤務先が11月から変わります。
f0029393_624197.jpg

私の住む中標津町にあります「北海道立ゆめの森公園」といいます。
f0029393_6251341.jpg

f0029393_6254629.jpg

そんなわけで今の勤務先での残務整理と、新しい勤務先の申し受け。

11月始めのからの町の総合文化展の絵手紙展示準備。

昨日は、先の絵手紙講演会の事業報告書を提出して第一段階をクリア。
そんな中で、北海道新聞社からの取材受け。

なーんだか!すごくなーい?。
夢追い人が、ゆめの森公園で勤務です。
写真は、今年の6月にやった「ニュースポーツ・フェステバル」の模様です。
指導に行ってる専門学校の学生と地元の子供たちの交流。
取材受けは、11月25日の「フライングディスク講習会」を「ゆめの森公園」で企画している話。

勤務のさなかに、アリーナ内の会議室を使って地元の学校の先生方の研修会として、絵手紙教室を11月11日に?

11月17日は、30km離れた町で、午前中その町の高齢者大学の身体を動かしての軽いレク指導。そのまま午後は5kmはなれた小学校で4・5・6年生に「ゲームの楽しさ」指導。

エ!何屋さん。そうだね「夢屋さん」かな?
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-26 06:48 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(1)
田口孝夫スケッチ旅行。最終章
根室の見送りを受けながら一路中標津13:50分までの時間を駆け巡ります。
尾岱沼ではしゃけの水揚げを見て、エビの踊り食いと思いましたが、月曜日で漁に出たばかりで、なまエビが品薄。この次ね。
じゃソフトクリームを。
f0029393_9413718.jpg

この天気。寒くなく暑くなく。カラッとした天気で。
「よもぎ」のアイスにしよか?「バニラ?」「ブルーベリー?」「それともミルク?」
だから・「迷うからね」っていったしょや!
f0029393_9415974.jpg

味はダブルで頼めるので、それぞれを頼んで仲良く味見。
調度良く通りかかったオーナーの近藤さん。
この方が、このアイスを作ってます。
絵手紙協会ボランテァ部の方も食べた、中標津空港にすぐそのそこの、「ラ・レトリ」さん。
f0029393_9472791.jpg

開陽台へ。
誰の幸せを祈って鐘を突くのですか?
昨日、神社に2礼2拍手してきたばかり。まいいか?
f0029393_9485923.jpg

f0029393_9491870.jpg

f0029393_9493780.jpg

北の方向から、摩周湖・阿寒・釧路方面ですが、南側は太陽があって撮影できません。
見に来てください。
f0029393_9513032.jpg

スケッチしても時間があって、飛行場すぐの「道立ゆめの森公園」に、
何を隠そう、11月から私はここで勤務します。
f0029393_9532111.jpg

バスターミナルみたいだね?という中標津空港。
最後の最後に「夢の会」のこれが有名の中標津空港お見送りのハンカチ娘。
デジカメの距離計がガラスに反射します。
f0029393_9554473.jpg

あっという間に、機は、東京に飛び立ちます。
明日は名古屋。まじめな顔をして切り替えないと。あはは。
f0029393_95643.jpg

f0029393_1063519.jpg
自宅に着くと、絵手紙が届いてます。

今回もやられました。

礼状も3日も過ぎては、もうありがたくないもんですが、グッとタイミングで礼状が届きます。
「感謝!感謝の3っ日間ありがとう」
根室のIさんからも。

私は、決算報告がまだ続きますので、ごめんなさいね。

沢山のアクセス。みなさんありがとう御座いました。
それぞれの立場で、活躍していただきました。
本当に感謝いたします。

追伸
あのイクラは、どうなったのだ?
という質問が来た。
f0029393_18462191.jpg

鮭のメス2匹から取ったイクラは、その場でボールに撮って「昆布醤油で30分」漬けて、次の日の朝、お土産として先生に持たせました。

私は貰ってません。はい
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-18 10:08 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(3)
田口孝夫絵手紙スケッチ旅行。(SDTの法則)
f0029393_8302819.jpg

さて、懇親会場に着いて、一時間も経過してやっとこさ、懇親会が始まった。

前置きしておきますが、根室市での懇親会!。
あれを食べた。これを喰った。どうだすごいべ!という懇親会では無い。
どうか、この3日間の絵手紙講演会の随所にちりばめられた「演出」の数々から、「あーそーなんだ・そういうことだったのね」とご覧になっていただきたいのです。

会場は、窓の部分はビニール張り。風が吹くとばさばさと音がする。

「東京から来る絵手紙の大先生を、こんなビニール張りの会場で良いのか?」
「上品に、お三味線が鳴るような・ちょびちょびと料理が出てくる懐石料理が良いんではないの?」

3年前の田口先生を迎えた初めての年。この意見に私は反対した。

全国を旅する先生が、奈良も鹿児島も根室も、食べるものが一緒ではだめ
根室は、根室でしか食べられないものを出す。
「だって、いっつも食べているものは、そう上品ではないよ」

「いや、だからそれが良いんだよ。」
忘れられてしまうような、懇親会ならしないのと一緒なんだよ」
「ほんとに、ここでいいんですか!」
「良い!」

こうしたいきさつが有って、計画は進められた。

「口下手なので、開会と歓迎の挨拶がわりに」と会長のIさんから
「講演会が終わって・根室に1時間半かけて帰って、その感激を一晩空けた次の日に描くのでは無く、今の気持ちで、再度会員が集まって描きました」
と、田口先生に宛てた絵手紙を読み始めた。
f0029393_8311458.jpg

SDTの法則。Sは、スピーディー。D=ダイナミック。T=タイムリー。
どれが欠けてもダメなのです。
明日では無い・今の今。チマチマしないで、ダイナミックに。しかもタイムリーであること。

大口を開けて大笑いをした後に、またキリッと会を引き締める挨拶をする。
しかも絵手紙仲間らしく・絵手紙で!です。
f0029393_8362689.jpg

心なしか、田口先生の目元が気になりました。
これには、私もググッ!っと・
f0029393_8382818.jpg

もう関西喜劇仕立てのドラマのような展開です。

見たか根室の歓迎ぶりを!
f0029393_8533293.jpg

「貴女の名前は?」「ハイ・白鳥・・・・」
「すごい、女優さんと一緒でしょう」
「エ!どの人?どの人?」
f0029393_8404465.jpg

f0029393_841698.jpg

「根室では、皿は使わないの?」
「新聞紙が皿がわりなの」
「終わったら新聞紙で包んで捨てるの」

「エ!熱いじゃない」「熱かったら2枚も、3枚も重ねるの」
「どうやって食うのさ」
「いやー手間のかかる先生だね」
「切って上げないと食べれないってかい?」
f0029393_8463331.jpg

「いいふりこかないで、かぶりつけばいいしょや」
あっという間に2時間は経とうとしていきます。
f0029393_8481220.jpg

最後にもう一度、描いたカニの絵が見たいということで、明るいところでご対面。
宴もたけなわですが、2時間以上の懇親会は次の日に堪えます。
f0029393_8563719.jpg

全国どこにもない。根室だけの懇親会。絵手紙がかける不思議な縁。
なぜに、こんなにやさしくなれるのか?なぜにこんなに頑張れるのか?


出発は、調度8時。
根室の町中に歌が流れます。

嵐も吹けば雨も降る。女の道はなぜ険し。
君を頼りに、私は生きる。
ここに幸あり、青い空。

見送りの手がいつまでもふられます。

[PR]
by yumehorisi | 2006-10-18 07:04 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
田口孝夫スケッチ旅行。パートⅡ。時間を追って。
教育委員会への事業完了報告文書があります。
ゆっくりでも良いのですが、今週は、明日しか時間が無く、19日20日は、専門学校の講義に出かけますので、文書の目鼻を作っておきたいのです。

ところが、これにブログの更新を今か今かとお待ちの方が、はっきりとアクセス数に現れています。
早く・早くです。
さて、
16日の大きな流れですが、7月山田みちよ先生も行った「ハリストス正教会」~別海町の「なつかし館」~根室に行き「花咲灯台・車石・納沙布岬・金刀羅神社」そして「懇親会会場」へ、という流れです。

f0029393_11341110.jpg

茨城出身の日本初めての洋画家「山下りん」という方のイコン画を見に行ったわけです。
詳しくは、省略しますが、(全部分からないからね?)

絵を習いたいと15歳のときに、家出をしてはだしで線路づたいに歩いて、東京に行く。
5年の計画で、ロシアに絵を習いに行く。模写を強要されるのがイヤで、2年で帰る。

全国60箇所ほどに今も絵は残っている。その内の一ヵ所が、中標津町武佐にあります。
f0029393_11294240.jpg

で、さっそくスケッチ。
全く絵手紙初めてのという何人かが、同行しました。

大丈夫。先生の指導が良いもの。描けなかったら指導が悪いんだもの。
びっくりするように、はがきを2枚・3枚と足して書き始めます。

「私・初めてだからね?」なんども聞いたって。
「いうな!って。何年やっても描けない人もいるんだから。」あはは。
f0029393_11471123.jpg

別海町の別海温泉ホテルの丹羽さんという方が集めに集めた昭和30年代のコレクション館です。丹羽さんのブログが有りますのでとりあえずリンクはあとにして飛ばします。
f0029393_11572586.jpg

根室に15kmほど手前にある道の駅・風連湖です。
白鳥が来てます。

行く先々が、立ち止まってのスケッチになるので、時間調整はでたらめになります。
添乗員でガイドでドライバーで、旅のコーディネーターは、行き当たりばったりのようですが、
全部予定した顔をして、行き当たりぴったりのスケッチ旅行を演出します。
f0029393_1214932.jpg

f0029393_122829.jpg

上は太平洋の海・下は納沙布灯台オホーツクの海。
寒くて鼻水が出ます。
f0029393_1233519.jpg

根室半島の北側を、夕日が沈む時間に調整をしながら進みます。

「サァー歌え、秋の夕日に・赤とんぼ・ギンギンぎらぎら夕日が沈む」途切れたらダメー!
叱咤激励・雨あられ・
車の中は歌声喫茶状態、夕焼け海の夕焼けスパイダース・堺まさあき・全員その頃の歌しか知らない連中です。

「静かして!今ジューって音がして海に太陽が沈んで行くから」
「やー3年前も見れたが、今年も見れた。ガクさん。今度はいつ見ることが出来るんだ?」
「エ!」「私は、明日でもいいんだぞ」

「いや、あさって名古屋だからダメか」ガハハハハ!
f0029393_12125013.jpg

夕方暗くなった5時、ものものしい人だかりに、発泡スチロールの箱の中で、ギシギシとタラバガニが暴れてます。
f0029393_1215977.jpg

「わたしぁ、食べる前にこの秋味を書きたい。ほら!。紙。墨。下敷きは・風に飛ばされないように抑えて。石ころ拾って来て。こんな真っ暗なところで初めて描くよ。

大騒ぎです。
f0029393_12181953.jpg

ご臨終の前にやはりこのカニも描くか?。エ!このカニは、焼いて食べるの。
f0029393_12293167.jpg
f0029393_1230493.jpg


今度は何をさせるの。こんな格好初めてでしょう。エ!。鉢巻もするの。

これじゃ鳥羽一郎でしょう。
先生似合ってるよ、絵手紙やんないで、ヤン衆で、やっていけるしょや!

エプロンも、タオルの鉢巻もすべて根室ふきのとうみなさんが、心配りが現れます。
f0029393_12334788.jpg

魚に包丁なんか入れたこと無いよ。
大丈夫・教えるから。
f0029393_1223250.jpg

すごいイクラだね。「これイクラ」なんて親父ギャグいわないでよ。
f0029393_12232262.jpg


懇親会は、まだ始まっていないのです。
また明日だ!
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-17 12:36 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
田口孝夫スケッチ旅行。良いなと思った時の写真は無い。
グログの投稿をお待ちの方がいらっしゃいます。
残務整理の真っ最中で、帰って写真も見たら150枚近い撮影をしてました。

しかも「良いな・今!」と思った場面のときは、ぼーっと見てて「おいお前、はカメラマンの役目もあるんだぞ」って気がつくんです。

先生の「ガハハッ!」ときは一緒に笑ってますから、シャッターが切れるわけがない。

今日は、予告編です。
f0029393_17544386.jpg


なーにをやってるんだか!

最高の2日間でしたよ。
根室のみなさん。本当にありがとう御座いました。

記憶の新しいうちに決算報告の準備やら、作品返送やらもあります。
また、明日だ~。
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-16 17:57 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(2)
大成功で終了
f0029393_5262675.jpg
f0029393_5265964.jpg


田口孝夫絵手紙講演会無事終了しました。

「籠に乗る人・担ぐ人・そしてわらじを作る人」まさに、講演会は、講演会の時間だけではありません。朝9時、前日以来お金をかけず野の花を取ってきて飾り、素敵なお花で会場を盛り立ててくれている、Tさんが出て来て水遣りです。
つるうめもどき・町の花りんどう、見事なかざりに「すごいね」と様々なグループが来て花の周りで語らいの輪が出来ました。
町の花やさんも、絵手紙展示会の全日数を毎日出てきて、いつでも新鮮な状態に直していただきました。
f0029393_536780.jpg

13時10分。先生中標津空港着陸。
出迎えのSさんには、携帯メールで「着いた」「車に乗った」「今・郵便局」と保存していただき、私が実技で使用する品々の点検の話で繋ぎます。

滑走路に着陸した。お客さんと共に到着ロビーを出た。車に乗った。発進した。郵便局に着いた。これで、13時30分から、郵便局長さん歓迎の挨拶が始めることが出来るのです。
中標津ならでのことです。
f0029393_543894.jpg

お客さんは、入るのか?
町では、結婚式と葬式があるという、他の町の方は、全部違う行事にいったという。
車で、20分もかかる隣町別海町から、自転車でかけつけてくれた80歳に成ろうとするSさん。
美幌・小清水・清里・別海、一番遠い人は、名古屋。
f0029393_548747.jpg

根室市の皆さんは、先生の絵手紙をTシャツにプリントアウトして歓迎のスタイルです。
「胸を見てください」「エ!。胸ですか!」会場は笑い声が絶えません。
f0029393_616118.jpg
f0029393_6163136.jpg



「こんな実技は、初めてです」
と言わしめたピーマンを描く実技。顔彩は「緑色一個のみ」
水は、しょうゆ入れに20cc程度。隈取筆1本。筆で無くダーマート。机は無しの膝の上。
水を打ったように真剣に取り組んでいました。
100名足らずの講演会でしたがアットホームで、先生の体温が感じるくらいの距離感の講演会でした。
f0029393_625529.jpg

f0029393_620327.jpg

顔彩1個でも、写真のようになりましたから、少々乱暴でしたがなんとか。
f0029393_5554780.jpg

f0029393_556771.jpg

f0029393_5562785.jpg

この日この秋一番の冷え込みで、峠は、ブラックアイスバーンが心配されました。
遠いところお運びをいただきましてありがとうございます。
記念撮影は、お帰りの遠い順番に、美幌町の皆さんがトップでしたが、私のカメラには、入っていません。
喧嘩にならぬよう、「根室ふきのとう」のみなさん、西春別「彩の会」のみんさん。「夢の会」のみなさんです。
中標津レクリエーションインストラクター養成講座のみなさんには、イベント実技として司会から、駐車場の整理、後かたづけ。
シルバー人材センターの皆さんには、足りない椅子から、ステージ材料の設置から撤去も依頼しました。

写真は、主催者だけというお許しを得て、フラッシュ無しで、撮影させていただきました。

懇親会には、中標津郵便局長Eさん。副局長のOさんもご列席いただきました。
本当に有難うございました。

売れるか?とこれも心配した「切手」売れたようです。
申込者は居るのか?と心配した「月刊絵手紙」の購入申し込みも多くいただきました。

本当に有難うございました。
さて、今日からが、私の本番です。天気は晴れ、夜は星空。明日も天気。
茶柱も立った。虹も出た。カツどんも食った。
コマーシャルのフレーズを思い出しました。
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-15 06:26 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
田口孝夫絵手紙講演会・明日14日(土)に。
f0029393_821117.jpg
田口孝夫絵手紙講演会いよいよ明日14日(土)と成りました。

もうどうしょうもない。やるだけの準備はしました。あとはどんな失敗が出てくるか楽しみましょう。

絵手紙協会の事務局のある方から、「有言実行のがくさん。すごい」と激励をいただきました

そんなにすごいことをやっているわけでは無いが、確かに教育委員会と渡り合って「生涯学習推進事業」として認められる文章をつくること。

パソコンでワード・エクセルがある程度・デジカメもあるか。
スポンサーを見つけて広告料をいただくこと。
難しいかな?

ただ、全国でこの補助金の制度は、あると思います。作った文書は、そっくりお見せしますので、何か講演会とか、何かやろうとしている方はご連絡ください。

大きいですよ、使用費用総額の半分ですもの、努力してみる価値はあります。

で、明日郵便局で販売する、切手の台紙を作ってみました。
郵便局さんから「そのままただ売るよりは記念になる」ということで採用になると思います。
f0029393_8333056.jpg

はがきに描いた原画はこれです。
デジカメで撮って、エクセルに挿入してA4で、4部取れるように印刷します。

もちろん自分で印刷はしません。郵便局の担当の方にUSBのフラッシュメモリーで持ち込むのです。
あーこの話が分からないと、少し難しいかな?
で、原画ですが、「初めまして」と激励をいただいた埼玉のSさん。
ありがとう御座いました。
今から貴女に出しますから。
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-13 08:39 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(8)
会場ステージは、つるうめもどきで飾ろうかと
f0029393_82676.jpg

調度今時期に、浜松のみなさん何人かと、(ここの処がすごい)「あの鈴木榮重先生の運転」で富士山を一回りしたことがありました。
で、ドライブインに立ち寄ったときに、ギョっとしたのが「つるうめもどき」のつるに値段が付いていること。
しかも、700円とか1,000円とか?
え!何?何なのこの値段。びっくりしたもんです。

高価なんですね。
昨日はこれを、電信柱一本が「・・・もどき」のつるに巻きつかれて立っている電信柱から引きずって、取ってきたところです。
あの電信柱は、おそらく10万円以上の値段でしょうね。

あ、B型で話はどんどん変わるのですが、野付湾で、秋のえび漁が始まったのです。
だから、中標津の絵手紙講演会来たら良いよって、エビ・でしょう・ほたて・でしょう・いくら丼・うに丼・じゃがいも・コーン・牡蠣・かぼちゃetc、etc。そして温泉ですよ。
美味しい秋のてんこ盛りです。
まだ、後部座席は空いてます。土曜日の羽田~中標津便に田口孝夫先生と一緒に乗って来なさいって。
合言葉は、「来てしまいました」と。
f0029393_835760.jpg
f0029393_8343091.jpg


さて、ブログを見てくださる方からの激励絵手紙です。
Sさん。初めまして!ありがとう御座います。頑張りますから。
私からのご返事は、もう少し待ってくださいね。必ず出しますから。
f0029393_8382325.jpg
で、遊びでこんなものを作ってみた。
昨日アップした金木犀を、細工してみたのだが、14日に郵便局で売っていただこうかなと。

今年の帯広七夕でのパクリです。

ただ、金木犀は北海道には無い花なので、ハマナスにでもしようか。

田口孝夫先生の絵では、商行為が発生するので私の絵なら、いいだろう。

切手は、北海道バージョンの「ふくろう・きつね」などがいいかな?

ところで、郵便局は、私の絵で、良いっていうのかな?
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-12 08:56 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
田口孝夫絵手紙展示会10日本日から。
お早う御座います。
田口孝夫絵手紙展示会本日10月10日(火)~16日(月)まで、
中標津郵便局で開催いたしました
f0029393_1219574.jpg

沢山あるうちの2点のみ紹介させていただきます。
f0029393_12202157.jpg
さて、世界の緊張感から離れたコメントになってしまうのですが、田口孝夫先生をお呼びする道東の天気予報は、13日から14日・の講演会、15日からのスケッチ旅行、16日のお帰りになる日まで「晴れ多少曇り」の天気が続くという予報です。

16日は、根室から野付半島の尾岱沼に行き、秋空に映える三角帆の打瀬船舟が描けたらと思ってます。

7月1日の山田みちよ先生が来たときも、打瀬船舟は浮かんでたのですが、昼食の時間だったからかな?
船が全部居なくなってました。
帆を降ろすとただの船だったんですね。
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-10 08:23 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(4)
中標津町児童館まつり
我が家の白樺も一夜にして、丸裸の葉っぱが無い状態になってしまいました。
新聞受けの蓋が、風で飛んでしまって、水を吸って丸々と太った新聞がありました。
どうするべ・この新聞。
そんな強烈に天気の悪い道東です。
f0029393_753584.jpg

そんな天気の中で、総合文化会館(しるべっと)で町内の児童館を利用している子供たちが、児童館を通じて習った一輪車であるとか・剣舞・フォークダンス・バトン・etc
さまざまな、パフォーマンスを10時頃から3時まで楽しませてくれるのが児童館祭り。

児童館が無いという町があるのは知っています。
児童館が、一同に会して何かを繰り広げるというのは、簡単ではなくてやろうとする職員の熱意・行政側の予算づけ・そして集められる場所・駐車場・ステージの条件、さまざまな要素が必要になってきます。

子ども会すら「子供が居ないので運営できない」という話も聞きますから、全国的にも児童館のお祭りとしては自慢の出来るものなのでしょう。

写真は、オープニングの一輪車のパフォーマンスです。
ステージの条件としては、「劇団四季」「NHK二人のビッグショー」などもやっているプロ並みの照明効果が期待できるステージですので、並みの学芸会とはわけがちがのです。
f0029393_7184256.jpg

さて、一日中楽しませてくれるというのですから、食事も格安、一歩も出ないで約1000名の方に軽食を提供できる、厨房施設もあります。

私どもは、絵手紙体験コーナーです。
今回は、コスモスの花3種類と・茎と・とんぼに分けた消しゴムスタンプを使った絵手紙。
子供たち、いつもより集まりましたね。
一杯集まっているときは、写真なんか撮っていられないので、一息ついたときの写真になってしまいます。

あまりの人の多さに「絵手紙夢の会」の皆様午後は、500枚ほど準備していただいたはがきが無くなって「早じまい」です。
そして、私の作った、8セットのコスモスの消しゴム印とかぼちゃの印は、夢の会の皆様にプレゼント。
なにせ、一週間後の田口孝夫絵手紙講演会ですからね。

この強烈な風雨の中・明日の「大草原100人サッカーフェステバル」の準備に行きます。
「やれるんだろうか?」牧草地が濡れてぐちゃぐちゃで、寒くて風邪を引かせることにならないか?
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-08 07:33 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(5)