絵手紙遊印彫師・夢追い人
yumehorisi.exblog.jp
日本 絵手紙協会公認講師。第1・第3回中国絵手紙使節団員参加。独特の消しゴム印と絵手紙のジョイントを探る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
日々是絵手紙
絵手紙の小窓
わたしのささやかな暮らし
うさぎとかめがす~べった
はがき絵 日和
ふるさとの礎    なか...
孫日記~遥かなる和へ
北の端っこから 日記
PHOTO雑記帳
日建ハウジング ブログ ...
清野建設株式会社
中標津レクリエーション協...
在日中国人女性の随筆  
お花 to 園の情報
第一宅建設計ブログ
My slowlife ...
北根室ランチウェイ:お知らせ
北根室ランチウェイ(北根...
カワセミ工房 鎌倉 (旧...
すみさんからの絵手紙
KUKURAのなんでも日記
のこたんのきらきら絵手紙...
ぽんぽこの絵手紙、字手紙...
素敵にハンドメイド  (...
チャーミングさんの絵手紙...
QPの思い立ったら吉日~...
工務店女房の細腕繁盛記
きゅうママの絵手紙の小部屋
北海道フライングディスク...
里のままが描く絵手紙
月の夜うさぎのように飛び跳ねる
ちびちゃんだより
元気もらって元気くばり
すみちゃんの「絵手紙のあ...
釧路自主夜間中学 「くるかい」
泰山の絵手紙
柴まみママの大多喜便り
がばいちびちゃん の 絵...
銀河夢
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵日記&50円の旅
三日坊主
えっちゃんの絵手紙日記
ピッコロの晴耕雨筆
どんぶりカフェ&お弁当 ...
一汁三菜&ときどき絵手紙
花よりライス~BANAN...
絵てがみとナチュラルリース
ごまめのつぶやき
NONKOの絵手紙便り
最新のコメント
4月7日鍵コメ様 了解..
by yumehorisi at 05:40
3月1日非コメ様。 ご..
by yumehorisi at 06:25
22日の鍵コメ様。 あ..
by yumehorisi at 05:53
nobuyuuta 様..
by yumehorisi at 05:22
ご苦労様です。 北..
by nobuyuuta at 10:36
nonko2014 さ..
by yumehorisi at 06:09
きゅうママへ。 単なる..
by yumehorisi at 06:05
車だけで済んで、良かった..
by きゅうママ at 09:09
がくさん ありがとうござ..
by nonko2014 at 08:29
nobuyuuta さ..
by yumehorisi at 06:08
リンク
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
絵手紙
from 一語で検索
郵便番号
from いま話題の検索語とは?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:絵手紙で出逢った人々( 951 )
絵手紙は、恋文か?
「恋文」とは、なんとクラシックな。
「即答」せよ!と云われれば「そうだ」と言った方がいいのかも知れない。
2002年6月の「月刊絵手紙」で、「男たちの絵手紙」という特集が組まれた。
f0029393_849529.jpg

4年も前のことで、残念ながらお亡くなりになった方もおりますが、10名ほどの紹介があった。
はからずも、私も1ページを飾っていただいたのだが、
その「男たちの絵手紙」展が東京で行われてから、大阪でも開かれた。
せっかくなので大阪に暮す知り合いに「見てくれ」と連絡を取った。
夫婦で出かけた旦那のほうが「こりゃ、恋文だね!」と見た瞬間言ったと
奥さんから電話で聞いた。
f0029393_8545323.jpg

その話を聞くまで、自分が描く絵手紙を「恋文」だという意識は無かったが、
いや言われてみれば「絵手紙は、恋文だ」という方が合っているなと、思えた。
手紙なので、当然しまっておかないでポストを経由して出さなければ手紙とは云えまい。
一人の相手の事を思って書くので、思いやりの気持ちや安否を尋ねれば
「恋文」と、いえるかもしれない。

上の紹介文を読んでもらうと分かるのだが、ドジな私は、「姉と妹の二人に、同じような絵手紙を送った」というドジ話がついてくる。
というのは、あいうえお順の名簿が、左のページの一番下と、右のページの一番上に姉妹の名前があった。
同じ苗字のひとは居るので、同姓だと思った。
しばらくしてから、「2ヵ月も経ってから」「あれ、郵便番号が一緒じゃん?」と思い。
「あれ、住所も一緒ジャン」と思ったわけだ。
貰った姉妹とは、今も絵手紙交流はある。
[PR]
by yumehorisi | 2006-02-28 09:07 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
絵手紙でオジロワシを描けるか?
f0029393_840977.jpg

羅臼港です。今から乗船して、オジロワシを見に行くと云うことで、やってきました。写メールは制限が有りますので、帰ってから報告しますね。

とここまででした。流氷が来なくて、「オジロワシ」が来ないということでした。
で、こうなんだって。
「アムール川」を流れる真水が、植物プランクトンを濃縮して氷になって北海道にくる。
それが、羅臼知床で溶け始める。
植物プラントン・動物プランクトンが入り混じりえさが多くなり、海水温がさがると「スケソータラ」の産卵繁殖に好都合の条件が整う。
よって流氷がこないと、これは大変なことになるのだソーダ。
[PR]
by yumehorisi | 2006-02-19 08:40 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(2)
絵手紙は、へこんだ気持ちも直してくれる
f0029393_965850.jpg

ま、笑って「寒中見舞い」と読んでくださいな。
絵手紙は、愛好者が女の方が多いだけに、困った時どきに、元気をくれる女神に逢えるということがあります。
ひところのように、絵手紙も出してないので、バレンタインでチョコがくるなんと事はなくなったし、ホワイトディーなどと、そりゃ大変な日を迎えることもなくなりました。

さて、今日の絵手紙での出会いの紹介は、
富士宮市の美人姉妹のお姉さんの方からの絵手紙です。
絵手紙は、絵もそうなんだが、文章なんですね。
「チャンスを掴んだら離さないのが、私の手の特徴だ・自慢だ」と言ってるんですね。
なんとそれが、5本も・8本もある。
私には2本しかない。一生懸命掴まなければと思いましたよ。
こんな、大きな手紙に度肝をぬかれ、いまだ部屋に飾ってあります。
そして「今がチャンスか?待てか?違うか・どうなんだ?」お父さんは、決断しなければならないときもあるのです。
そんなときに、「おい・今はこれで、いイカ?とか。ま・いイか」とか、つぶやくのです。

で、このときこの絵手紙に、彼女からの印が押して無くて、私が印を彫って押したのです。
印つくりとしては、処女作だったのです。
このときが、「消しゴム遊印彫師」を名乗るきっかけの絵手紙だったのです。

この美人姉妹にまつわる「全国区の有名なドジ話」はこの次にしましょう。
[PR]
by yumehorisi | 2006-02-16 09:23 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
田口先生とは、昨晩男の会話をしました。
f0029393_95611.jpg

f0029393_8492043.jpg


雪明りのもとで食事をしたのは、東方企画研究所のブログで読んでいただいて。
昨晩・久しぶりに、田口先生と電話でお話をしました。
といっても1月の絵手紙協会の総会で逢ってきているのだが、
「あんたのブログをリンクさせていただいたからね」という断わりの電話をしたんです。
本人が電話に直接出たので、奥さんの声は聞けずじまい。奥様の素敵なんですよ。
結論としては「いいよ・いいよ」という話と、(掲載の絵手紙の中の日付は9月ですが、
中標津にくるのは、今年は10月14日・15日ですからね。)

しかし話はそれで終わらない。
で、「イヤーまた、根室にもいってみたいね」「さんまの飯寿し・旨かったね」
「ビニール張りのバサバサした所でさ、マスのチャンチャン焼き、あれ良かったね」
「イヤー今年も楽しみに、それを楽しみに一年頑張ってるんだから」

まーここまで言われたら、頑張ってしっかり呼ぶべ。
なんてったって、道東地区にとって、講演の行った先々で、「中標津良かった」「根室良かった!」と話してくれております。
昨年も、福岡の絵手紙仲間から、「また北海道の、中標津の話さ!」と
「あんた・先生の追っかけだからさ」と云ってやりましたが。

さて、電話での話は、なかなか終わりません。はい。
とい言いまくっている、田口先生です。「観光大使の認定状」を上げたいくらいなんだから。
[PR]
by yumehorisi | 2006-02-15 09:02 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
春のたよりが!列島は長いのです。
f0029393_9374369.jpg

絵手紙を始めて、正月明けから連日、梅が咲いた。桜だ。水仙だ。と来るんです。
良いんですすよ。なんせこちらは、列島最後の桜の咲くところ。
桜は、5月20日頃ですもの。
水仙って?これも五月かな。

劣等感・ひがみ・北の果てに家を建てたから・イヤイヤそんなことは無い。
この時期は、本当はずーとあんまり好きな時期でなくて、
「熱帯夜ってなーに」という言葉で、返り討ちにしてくれるわ!
という時期なのです。
変なおじさんです。
[PR]
by yumehorisi | 2006-02-03 09:43 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
総会顛末第2弾・遣蘇師会銀座に繰り出す。
f0029393_10342782.jpg

別段、銀座に繰り出すと言ったところで、喫茶店で毎度のことです。
ここに写っている方は、そうそうたるメンバーで、2001年5月、ほとんどが初対面で
中国に行き、下見も・リハーサルも・打ち合わせもない、しかも通訳を使って
(日本語で話し~中国語で訳して)(または、日本語~中国語~手話)
一番先に話したのは忘れてしまったという、ぶっつけ本番で小学校・高校・聾唖学校を
廻って歩いた仲間です。

さて、東京では日本人のウエートレスを使っているお店は、銀座だけか?
いずれ、老後になって日本人から介護をしてもらう人は、一部の人たちだけなのかも
なんとなくそんな気配をかんじるのでした。

9人で入った喫茶店・ウエートレスのお嬢さんメモも取らずに「貴女は、ゆずのホット」
「貴女は、レモンティー」その奥の方は「・・・・・」
記憶力のよさにびっくり。その昔、「白十時」という大きな喫茶店があって、そこの給仕さんは、
100人もお客がいても、一周廻って全員のオーダーが取れるそうだという話を聞いたことがあったけど?

それよりも、全員が記憶力に自信が無くなってきて、うらやましくてならない連中です。
[PR]
by yumehorisi | 2006-02-01 10:49 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
絵手紙遊印彫師のブログ一日平均訪問者10名に
f0029393_8594420.jpg

訪問者の皆様。お顔も判らず、でも平均毎日10名前後の方に訪問いただいてます。
ありがとうございます。
浜松からの絵手紙ですが、そのまま引用させていただいて
「お逢いできてとっても嬉しかったです」と。

欲張りですが、コメントもいただけたらなと?
それには、これまたこちらからコメントを出さないとと
さて、来週「日本絵手紙協会」の総会に参加します。
ブログ見てます。なんて人との出会いが有ったら嬉しいでしょうね。

男性の参加者は、少ないですし、ステージ左の前の方で態度のでかいのが
私ですので。
[PR]
by yumehorisi | 2006-01-19 09:07 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(1)
絵手紙道東の旅を、お楽しみください。
f0029393_15495915.jpg



f0029393_15502925.jpg

中標津町での田口先生の講演会は、平成13年度も平成15年度も、北海道生涯学習補助事業の対象として行われました。

今年は、補助事業の対象として認定されるかどうか?
様々な団体が、資金を協賛しあって自助努力の上に成り立つ事業で、いまから
頑張らねばですね。
1月27日日本絵手紙協会の総会が、東京で行われます。
第一回の中国蘇州への絵手紙使節団で行った仲間との再会も、この企画の
応援もお願いしながら、上京します。
[PR]
by yumehorisi | 2006-01-14 16:00 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
風景画が良い味だしてる、福岡の石・さーん
(絵手紙と夢追い人の遊印ジョイント展から・九州福岡・石・さんの絵手紙)

12月26日。人手を頼み、事務所の掃除をしていただきました。
きれいに成りました。窓が明るい!。
それは午前中の話。

午後は、一転にわかに掻き曇り・モーレツな吹雪です。
こんなときは、昔の映画「南極物語」のテーマを思い出すのです。
こわくなくなります。高倉健さんと一緒ですもの。
地吹雪も、ホワイトアウトもへっちゃです。
しかしそんなにいつまでも吹雪くもんですか。 
今朝は晴れてます。

昨日久しぶりに日本絵手紙協会に電話をしました。
協会の「Hさん」の声を久しぶりに聞きました。
「Hさん」は、第一回の中国への使節団に応募の際
「申し込んでおいたら如何ですか?」この一言をかけてくれた方です。

この一言から、現役日本○○の末裔が、中国の小学校の教壇に立ち
絵手紙指導をすることに成るのです。
今は退職してますから、こわくはありませーん。

上海の入国審査で、私だけ「ストップ!!」と止められたのです。
そりゃびっくりですよ。「入国許可はどうなる」
「ここまで来て、俺は中華料理が食いたい」

その後中国には、もう一度行きました
まだ、話はつきませんが、今日はここまで。
絵手紙は、今年千葉と釧路と、中標津町で2箇所で行った
「絵手紙と夢追い人の遊印ジョイント展から
九州福岡の「石○さん」です。
味のある私の大ー好きな風景画が得意な方です。
[PR]
by yumehorisi | 2006-01-05 16:41 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
富士山を、車で一回りしてしまいました
f0029393_945045.jpg

10月19日。先天性放浪症の不良中年は、中標津空港から東京へ。
特割で往復22,000円ほど。
目的地は、富士宮・浜松。
なんと、私は浜松とは箱根駅伝が浜松の町を走って箱根に行くものだと思っていた人?
笑うな。札幌にいて、中標津に迎えに来てほしいとのたもうた方もいるのだ。
中標津町と札幌は、車で約8時間はかかる距離。
遠いのです。浜松は。
名古屋に近いのですもの。
ドジ話は、近日立ち上げる私個人の別のブログにしよう。
で、浜松の公認講師の皆さんが、車で富士宮まで迎えに来たくれたのです。
青木ヶ原樹海、忍野の小池絵手紙美術館、御殿場を回って、
出たぞ赤富士が!
さ?いまだ、描けー。
こんなときに限って携帯が成るんです。しかも北海道から。
もし・今浜松もう少しところで、富士山描いてるの。
電話を切ったときはもう赤富士は消えて見えなくなってました。
16年間暮らしてるけど、赤富士見たの初めてという人も居たからま、いいか?
[PR]
by yumehorisi | 2006-01-05 16:37 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)