絵手紙遊印彫師・夢追い人
yumehorisi.exblog.jp
日本 絵手紙協会公認講師。第1・第3回中国絵手紙使節団員参加。独特の消しゴム印と絵手紙のジョイントを探る
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
日々是絵手紙
絵手紙の小窓
わたしのささやかな暮らし
うさぎとかめがす~べった
はがき絵 日和
ふるさとの礎    なか...
孫日記~遥かなる和へ
北の端っこから 日記
PHOTO雑記帳
日建ハウジング ブログ ...
清野建設株式会社
中標津レクリエーション協...
在日中国人女性の随筆  
お花 to 園の情報
第一宅建設計ブログ
My slowlife ...
北根室ランチウェイ:お知...
北根室ランチウェイ(旧ブログ)
カワセミ工房 鎌倉 (旧...
すみさんからの絵手紙
KUKURAのなんでも日記
のこたんのきらきら絵手紙...
ぽんぽこの絵手紙、字手紙...
素敵にハンドメイド  (...
チャーミングさんの絵手紙...
QPの思い立ったら吉日~...
工務店女房の細腕繁盛記
きゅうママの絵手紙の小部屋
北海道フライングディスク...
里のままが描く絵手紙
月の夜うさぎのように飛び跳ねる
ちびちゃんだより
元気もらって元気くばり
すみちゃんの「絵手紙のあ...
釧路自主夜間中学 「くるかい」
泰山の絵手紙
柴まみママの大多喜便り
がばいちびちゃん の 絵...
銀河夢
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵日記&50円の旅
三日坊主
えっちゃんの絵手紙日記
ピッコロの晴耕雨筆
どんぶりカフェ&お弁当 ...
一汁三菜&ときどき絵手紙
花よりライス~BANAN...
絵てがみとナチュラルリース
ごまめのつぶやき
NONKOの絵手紙便り
最新のコメント
№57さん。 台風の行..
by yumehorisi at 05:47
福岡もどんどん寒くなって..
by No57 at 22:53
№57番様 はい!福岡..
by yumehorisi at 05:47
素敵な印鑑、頂きました。..
by No.57 at 23:19
23日の森様! どうし..
by yumehorisi at 04:59
ohisashi bur..
by saitama no mori at 12:22
14日の鍵コメ様。コメン..
by yumehorisi at 04:36
がくさん ありがとうご..
by mt-banana at 12:26
7月1日の非コメ様 若..
by yumehorisi at 05:00
4月7日鍵コメ様 了解..
by yumehorisi at 05:40
リンク
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
絵手紙
from 一語で検索
郵便番号
from いま話題の検索語とは?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:自作自印( 275 )
気分だけでもお花見だい。
f0029393_8202432.jpg

もう四月ですね。
今朝の明るさよ。
新聞が見開きで「桜前線だより」・・・・根室市・清隆寺・見ごろ5月下旬と書いてありました。
しかたないやね。
そんな訳で、去年の桜を。

あ、yumeoiさんの色使いは薄いのではないか?
という話が、あります。 てっぺんも薄くなってくてますが。

緑色が、帯広とも・千歳とも・本州とも違う気がしています。
木々の葉の色も、ふきのとうの緑色も、多分に緯度の違いが有ると思ってます。

いや、「顔彩」がもったいないだけかも。
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-27 08:28 | 自作自印 | Comments(4)
印つくりもここまでくれば?
f0029393_945059.jpg

f0029393_8511525.jpg

印つくり楽しんでいらっしゃいますか?。
自分の絵手紙に、自分の字を使って、彫った印を使いたい。

ところが、どうも「全員がそうではない・出来ない」というのも分かった来ました。
で、頼まれて彫ってます。
それなりに時間がかかりますので、私の時給分くらいは?

印にかぶせる「はかま?」なんていうんでしょうね?
この絹の布セットなどは、ちょっと専門的な画材屋さんなどには、売ってます。
また、作り方などもセットの中にあります。
ただ、書いてあるようにやろうとすると、時間がかかります。

そして、あくまでも消しゴム印なので「消耗品」だということですね。
「石印で彫る」となったら、まだ時間がかかりますの、
今の私の時間では石の挑戦はしません。

ちなみに、角型は、幅1,5cmです。
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-03 09:06 | 自作自印 | Comments(0)
絵手紙に、味のある字を書きたい。
人柄が表れるあったかい字を書いて送ってくださる方がいます。
当然見ただけで「誰からの絵手紙」というのが、分かります。
「字」すら「絵」になって飛び込んでくるのです。

私は、上司から「お前の字は、公文書にむかない!」と言われ続けて来ましたし、
「自分でもそうだ」と思っていました。
これは、劣等感ですから、「ヘタでいい・ヘタがいい」などどNHKの教育テレビから呼びかけられると、「なんと素晴らしい時代が来た」という気持ちに有りました。

さて、私のまわりには、きっちり「明朝体」で、いわば学校の先生?のような
素晴らしい字をお書きになる人が「味のある字」を求めて悩み始めます。
はっきり云って「良い?癖も、悪い?癖も直らないのではないか」と思い始めてます。
そんな方には、右利きなら、「いっその事左手で」という事を進めてます。

ただコツはある。
f0029393_8432082.jpg

子供の頃から、①のように四角の升目の中で書くように指導を受けてきました。
そこで、その真四角のバランスを、「くずす」のです。
②の図は、左右のバランスをくずしてますが、当然上下のバランス。
上下左右共のバランス。いっぱいありますよね。

漢字の場合だと、「横の線だけ太く」とか「縦線だけ太く」とか
思考錯誤を繰り返しながら、自分流の字体をあみ出すまで、続けます。
f0029393_8583547.jpg

これは、私の名刺です。
この下に、名前とか住所とかを明日逢うであろう人を予想して作っていきます。

「夢追い人」
あ!この「夢」という字ですが、中国では「夢」とは、「泡・あわ」のことだというのだそうです。
というのは、蘇州で、私の顔をみて、指を差して笑う方がいて、あとで聞くと、
「あわを、追いかけるという男は、どの人だ」ということでした。

この話を書くと、しみじみ「夢を追いかけているのかな?アワを追いかけているのかな?」
「夢も・アワも同じようなきがする。中国3000年の歴史がそういってると」
「グスン」
名刺の話は、またあとで。
それと、「バランスを崩す書き方は、著名な書道家の先生がNHK教育でやってました。
またその先生の本も売ってますので、興味のある方は連絡をください。
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-01 08:58 | 自作自印 | Comments(0)
自書字印を飾っていただいてるお蕎麦屋さんです。
f0029393_13204474.jpg

場所は、国道391号線・243号線の重複と阿寒横断の241号線が交差する十文字西側にある、バスも止まれるほどの駐車場があるお蕎麦屋さんです。
(西に行けば阿寒湖・南にいけば釧路。北は摩周湖・美幌垰、東は根室)

少しまだ雪があって、下の方をトリミングしました。
オーナーのお母さんが、私の絵手紙の生徒さんで、(内緒ですが元気で上品な80才台)
そんなことから依頼されました。
f0029393_13261139.jpg

営業時間中でお客さんもあり、照明が難しいんです。
一応お客さんに断わって「撮らしていただいた」んですが、
テカっちゃうんですね。
どうしてもだめでした。照明係が必要でしたね。フラッシュもだめです。
f0029393_13292653.jpg

まそんな訳で、いづれ再度挑戦に行きます。
で、おまけで、
別の部屋に演歌の大将「北島三郎」さんの揮毫がありました。
「井戸も最初は濁り水、あとから清水が湧いて出る」
イヤー「元気が湧いてくるじゃ・ありませんか」
「明日死んでもいいように・百まで生きて良いように」頑張りましょう!
[PR]
by yumehorisi | 2006-02-27 13:31 | 自作自印 | Comments(3)
2月26日・印彫りをしてました。
久しぶりの日曜日で、今年になっていつ自分の机に座ったかな?
福岡から遊印の注文があって、それを作ってました。
作成過程の絵は、明日・事務所のパソコンから「編集」でさしこみます。

今・自宅のパソコンから投稿してます。
自宅のパソコンには、写真の圧縮ソフトを入れてないのです。
それでなくとも、8年くらい前の立ち上がりが遅くていらつくパソコンですが、
日曜日でも、こんなに訪問していただいて、サービス精神旺盛な私としては、
何のおかまいが出来ないのが、心苦しく。アハハ・笑うな。

印作りをしていると夕方、隣町から電話があって。
自慢ですが、「蕎麦屋さん」から字を書いてくれるよう頼まれまして
昨年暮れにやっとの思いで書いて送ったのです。
「店内に飾ったので見に来て欲しいという」電話でした

「字を書いてほしい」なんて依頼を、簡単に引き受けてはいけませんよ!。

私は、これで2度目なんですが、今度は「蕎麦屋さん」という様々な方が出入りする・
つまり「書道をたしなんだ方」もいらっしゃるじゃないですか?
そんな方もその字を見るということですよね。
「墨」だなんて、今まで百円ショップの墨汁でしたが、
いくらなんでも「それじゃいかんでしょう!」

次には「紙」ですよ。

日本製・中国製・和紙・画仙紙・白いの・黄色っぽいの・厚いの・薄いの・縞の入ってるヤツ・
そうでないやつ・値段の高いの・安いの・大きいの・小さいの・

そして最後に書く場所です
「一旦書いたら、乾かないのを重ねておくわけにいかない」んですよ。
一枚・2枚で終わらないのです。
「風が吹いてはいけないのです」

人の出入りの無い・大きな部屋に新聞紙を敷き詰めて、一日がかりです。
「余白が気に入らない。」「いきおいが無い」
くたくたに成って描き上げても、著名な書道家でもあるまいし
「いくらください?って請求」できます。

それよりも、額に入れて飾るのですもの、額装代で「ウン万円」は、かかるでしょうね?

近い内その写真を撮りに行って来ますから。
今日の印作りの写真は、明日朝「編集」で入れますから
f0029393_8472131.jpgf0029393_8474134.jpg

100円ショップの消しゴムでいいです。字の大きさに切るか?どちらにするか。
f0029393_8482025.jpg f0029393_8483779.jpg
4Bくらいの鉛筆で字をいれます。消しゴムに朱肉を塗って上から押し付けると反転した字になります。
f0029393_850836.jpg
f0029393_8491071.jpg
最後に、角を落とすのですが、ここが商売秘密か?
[PR]
by yumehorisi | 2006-02-26 21:14 | 自作自印 | Comments(2)
絵手紙にも春模様
f0029393_8555082.jpg

お早う御座います。
2月22日テレビの視聴率ではありませんが、21名の最大訪問者数を記録しました。
イヤーすごいことです。
毎日毎日更新しないと、「夕べの夕刊は誰も見ないんだぞ」と責任を感じます。ウソウソ。

久ぶりに遊印です。
福岡から、遊印の注文が来ていて、作って送らねばと思ってますが。
絵手紙の中に小さな「言葉印」と押してます。
封書の場合は、封印として押してますが。
言葉遊びというか?「使いこなせる日本語の数を多くする」という事でしょうか?

「歳時記」をめくってみるのが良いですよ。
日本語って美しいなって思います。
ドキドキするような、情感にあふれた言葉が出てきます。

ただね!。5月20日ころ桜の花の咲くここでは、季節感がずれるんです。
金木犀は、咲かないのでトイレの香り。
ザクロ?見たこと無い。タケノコ?竹林なんて無いからわかんない!。

「うるさい・ぼやくな」だから、日本だと思ってここで暮らすな?ここはヨーロッパ。
今日も一日がんばろう?
「確定申告も終わった」「来週で、10年もやったPTA役員も終わる」
[PR]
by yumehorisi | 2006-02-23 09:16 | 自作自印 | Comments(0)
第一回絵手紙遣蘇師「中国蘇州・日本酒事件」
f0029393_18154232.jpg

横浜市Aさんの作品です。
それなりの御年?などと云ったら、本人が気を悪くするかも知れないので。ウフフ。
お洒落で、足腰が丈夫で、歩く速度も早く。素敵なお姉さまです。
絵手紙協会では、ボランティア部でも忙しくお過ごしですが、これで、船旅の世界一周も
経験済み。私もこう年をとりたいものだと思ってます。

一番の思いでは、蘇州での「日本酒事件」
中国での3日目あたり、中華料理に飽きて日本料理が食べたいと言い出して日本料理店へ。
ウエートレスのお姉ちゃんが、「浴衣」だけど、なんともだらしない着こなし。
脇の下からへそが見えそうは、オーバーか。

「Aさんと私」日本酒が飲みたいといい始めた。
ま、飲んでるうちは問題が無い。
バスで帰ろうとすると、通訳の「曹さん」が2階から降りてこない?
「なんか・もめてるみたいよ?」という話。

後で聞いたが、7~8人が囲んで中華料理を食べられる料金を、
「日本酒代として」で請求されたようだ。
中華料理を一人3千円・8人分としても、日本酒一升に2万4千円。
「そりゃ・高い」
中国側がいうに、このお酒は、日本から輸入したお酒。
日本での値段は、知らない。
「私の店の、私の値段!」

ということだったらしい。
「あんたはお金を、払ったのかってか?」 「イヤ・俺は払ってない」
「誰が飲んだのってか?・Aさんと・私」
[PR]
by yumehorisi | 2006-02-20 18:30 | 自作自印 | Comments(0)
絵手紙と遊印のジョイント展の作品が帰って来ました
f0029393_11574811.jpg

17年夏から、私が彫った遊印と
 1 「私に送られてきた絵手紙」
 2 「こんな言葉の印を作って送ってくれ」といわれて作った印を押した絵手紙」
とのジョイント展を、千葉県市原市。その後釧路の「まなぼっと」
そして中標津のイーストヒルズ「東武」その後中標津の喫茶店「木の葉」
と展示会をしてきました。

その作品が帰って来ましたので、全部ではありませんが紹介します。
全部ではありませんの断わりは、「この作品がほしい」という方が出てきて、
あげたり売ったりしたのです。
「売るのですか?」という質問ですが、実は、飾りの額縁や、短冊かけ、色紙飾りなどが高いのでその実費をいただいております。

そんなわけで、千葉県のOさんの、会場入り口を飾っていただいた作品。 
[PR]
by yumehorisi | 2006-02-17 12:07 | 自作自印 | Comments(0)
絵手紙伝道師田口孝夫先生のブログをリンク
f0029393_1635838.jpg

リンクの仕方が、今一分からず一日仕事になりましたが・・・・・
実は、プレビューを見て、出来たと思って次の「送信」をしなかったのです。
わ・楽しい文章だったのに。消してしまいました。
自作自印ではなく、ドジ話になってしまいました。

さっきの出来たは、何だったのか?
疲れたので今日はここまで。

今から私のブログを見た方は、なんだろうこの文章と思うでしょうね。

そうなんです。作った文章を、送らないで消してしまったんです。エーンエーン。

お約束の田口孝夫先生のブログ右下のリンクからクリックしてください。
今西安に行っている、山路智恵ちゃんのブログから中華料理とか、先月日本にいた「ニーさん」の元気な顔も見られます。
[PR]
by yumehorisi | 2006-02-14 16:41 | 自作自印 | Comments(0)
年賀状は、体力勝負の格闘技
絵手紙は、1999年にNHK教育の番組で小池先生を知り
それから始まった訳です。

絵手紙をやってるからには、「年賀状も手書きであるべき」という考え方と
レクの精神で「一人ひとりを大切に」などという気持ちが、この時期の
年賀状作りにとんでもない手間ヒマがかかるという結果におちいるわけです。

それでも、一応「消しゴム遊印師」などとのたまわっているので、
少し(ホンの少し)楽ではあるが、「力を入れて印を押す」「乾くのを待つ」
裏と表とまさに体力勝負です。

でもね「毎年年賀状来るの楽しみに待ってるの?」
この言葉に、感謝感激・家庭で行き場を無くし始めているおじさんは、
ウルウルとしてまた来年もと思うのです。

あぁー絵手紙だなんてやるんじゃなかったと思うべきか。

だからお前の人生は変わったじゃないかと思うべきか。
絵手紙での年賀状つくりは、ダイエットに効果的という本でも出すべか。
[PR]
by yumehorisi | 2006-01-05 16:29 | 自作自印 | Comments(2)