絵手紙遊印彫師・夢追い人
yumehorisi.exblog.jp
日本 絵手紙協会公認講師。第1・第3回中国絵手紙使節団員参加。独特の消しゴム印と絵手紙のジョイントを探る
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
日々是絵手紙
絵手紙の小窓
わたしのささやかな暮らし
うさぎとかめがす~べった
はがき絵 日和
ふるさとの礎    なか...
孫日記~遥かなる和へ
北の端っこから 日記
PHOTO雑記帳
日建ハウジング ブログ ...
清野建設株式会社
中標津レクリエーション協...
在日中国人女性の随筆  
お花 to 園の情報
第一宅建設計ブログ
My slowlife ...
北根室ランチウェイ:お知らせ
北根室ランチウェイ(北根...
カワセミ工房 鎌倉 (旧...
すみさんからの絵手紙
KUKURAのなんでも日記
のこたんのきらきら絵手紙...
ぽんぽこの絵手紙、字手紙...
素敵にハンドメイド  (...
チャーミングさんの絵手紙...
QPの思い立ったら吉日~...
工務店女房の細腕繁盛記
きゅうママの絵手紙の小部屋
北海道フライングディスク...
里のままが描く絵手紙
月の夜うさぎのように飛び跳ねる
ちびちゃんだより
元気もらって元気くばり
すみちゃんの「絵手紙のあ...
釧路自主夜間中学 「くるかい」
泰山の絵手紙
柴まみママの大多喜便り
がばいちびちゃん の 絵...
銀河夢
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵日記&50円の旅
三日坊主
えっちゃんの絵手紙日記
ピッコロの晴耕雨筆
どんぶりカフェ&お弁当 ...
一汁三菜&ときどき絵手紙
花よりライス~BANAN...
絵てがみとナチュラルリース
ごまめのつぶやき
NONKOの絵手紙便り
最新のコメント
3月1日非コメ様。 ご..
by yumehorisi at 06:25
22日の鍵コメ様。 あ..
by yumehorisi at 05:53
nobuyuuta 様..
by yumehorisi at 05:22
ご苦労様です。 北..
by nobuyuuta at 10:36
nonko2014 さ..
by yumehorisi at 06:09
きゅうママへ。 単なる..
by yumehorisi at 06:05
車だけで済んで、良かった..
by きゅうママ at 09:09
がくさん ありがとうござ..
by nonko2014 at 08:29
nobuyuuta さ..
by yumehorisi at 06:08
明けましておめでとうござ..
by nobuyuuta at 10:29
リンク
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
絵手紙
from 一語で検索
郵便番号
from いま話題の検索語とは?
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:被災地からの絵手紙( 10 )
気仙沼での「絵手紙展」
f0029393_501752.jpg



(写真が暗くて、すみません。スキャンが出来なくて!)

来月、17・18・19日と宮城県気仙沼市で
「「いちえ会サークル」の「3.11~あるいてきた5年」絵手紙展
行います。

場所は、気仙沼市中央公民館3階ホール。
開催時間は、10時~16時・最終日は19日は、15時。

17日・18日は、絵手紙体験を、10時30分~11時30分。

19日は、10時から、私が会場に居ります。
「よろず相談会」にします。  

絵手紙の件・消しゴムの件・お金の借用以外何でもオッケーにします
(笑)

気仙沼は、もちろん生まれ故郷です。
2011年2月3日に、消しゴム印教室と絵封筒展示会をしたのです。
それ以来、地元絵手紙サークルとの交流が始まっております。

2011・3・11日
あの日サークルの皆さんからの午前中に投函した「絵手紙」が、
14日誕生日の私のもとに届きました。

もし、午後に投函されたら、私のもとには届かなかったのしょう。

その絵手紙を手にして、
「震え上がる」言いようのない気持ちを思い出すのです。

それから、何もかにも流されたサークルの皆さんに
私から「切手を貼ったハガキ」を送り、
それに「鉛筆・ボールペン書きの絵手紙」が届きます。

今年2月、大崎ウエストギャラリーでの「絵手紙フェステバル2016」で、
そんな絵手紙や、「読まれる事も、出すことも無い自分史としての絵手紙」
展示しました。

「展示する絵手紙」では無く、赤裸々に心情を綴った絵手紙の文章は、
飾りも・見てくれも無く、心に刺さる絵手紙です。
[PR]
by yumehorisi | 2016-05-19 05:26 | 被災地からの絵手紙 | Comments(0)
やっとこぎつけました?
f0029393_4452976.jpg
ふるさと「気仙沼」での展示会告知です。

思えば、3年前地元新聞社の
「復刊60周年記念」という冠イベントで
「絵封筒展と消しゴム印」を
させて頂きました。

2月3日の文の日にぶつけて!

そして3月11日。

新聞社にとってもたった一度の
60周年記念行事でした。

昨年も出かけて「レク」で
楽しんで貰いましたが、やっと
展示会を合同でやれる気持ちに!

私は、外からで、汗はかいていません。

この7月14日に合わせて、12日に岩手花巻空港に着陸するので、「花巻教室」を。

三陸海岸に出て同じく被害のあった「釜石」に出て、13日に、5時間教室。

もちろんお昼を挟んでですが、
「きゅうママさん」よろしく、食べる前でも描いてもらいますよ。

気仙沼は、午前午後になります。夜は懇親会付き。夜も仕切らせて貰いましょう。

黙々と私が飲んでるだけでは、勿体無い!。私も連日身体に悪い!!

「何をしに行くんだか」と声が聞こえそうですが、17日まで連日出ずっぱりの
7月になります。
[PR]
by yumehorisi | 2013-06-26 05:04 | 被災地からの絵手紙 | Comments(0)
気仙沼からの赤い絵手紙。
f0029393_5595314.jpg

先日の昼時間・だらだらとテレビを見ていたら、気仙沼のある酒屋さんの取り組みが。

報道の顛末を書くとつらくなるので割愛するが、
正月2日の「初売り」のお店の状況が、何秒か流れた。

なんとその何秒かのカットに「お店から出て、カメラの方に通り過ぎる男性」のカットが?

不思議なもので、中学校3年間お世話になった「図工の先生」が、通りすぎた。

思わず家の中には誰も居なかったが、指差して「アレ・アレ・アレ!」

さすが、とっさに名前が出てこない。

長身でやさしくて、怒ることなく・私が絵を描く様な事をしているとは?
報告もしてないし、4年も前の還暦の集まりの時も、担任ではなかった先生なので
話をすることもなく・・・・・。

私と10歳違っても御年うんさい歳!もっと違えば、80歳に近いわけで・・・。

電話をしてもな~?したくてしょうが無いのだけど、何百人もいる卒業生の一人。

やはりこんな時は、手紙だな?手紙を書こう!!

ろくでもない中学生だったしな~?
絵の具が買えなくて・・・・。高校受験に図工など試験科目に無かったし。
何とも、文章を書くのが心苦しい。


被災地気仙沼から、ポツポツと年賀状の返信がくる。

春らしく・気持ちを明るく元気に前にと。
近いうちにサークルの皆さんも集まる事が出来るかな~と。

じっくり気持ちが熟すのを待つのも・・・・・。

春の来ない冬は無い。
朝のこない夜は、無い。
やまない雨は、無い。
[PR]
by yumehorisi | 2012-01-22 06:43 | 被災地からの絵手紙 | Comments(0)
あと100枚かな?
f0029393_5342782.jpg

年賀状の裏面は、ここ数年続く「遊印パターン」

来年?は、別の事を考えなければならんな~?

遊印の大きさは、はがきのサイズに収まるように作ってあるのだが、
体重をかけて押さなければならない。

適当な加重だと、キレイな仕上がりにならない。そのため上から押す。

(ただ・それだけの事)なのだが、1枚2枚で終わることでは無く、
5枚・10枚が、20枚・30枚と「上腕に体重をかけて押す」を繰り返すこと、
午前・午後となると・・・・。

はい、立派に筋肉痛です。

で、夕方からは、はんこを下にして、はがきを上からかぶせて・
「ばれん」ならぬ「丸い棒」で、表面を均等にローラーをかけるという作業に切り替える。

しかし、一旦炎症を起こした筋肉炎は、簡単に収まらない。

痛みの場所は、ほぼ毎朝の「腕立て伏せ」の筋肉とは、違うようだ。

分かってる!やめれば良いのだ。  あはは。

しかし、やめられない・止まらないのカッパえびせん。

あと120枚位は、今日中に・・・・昨日130枚。

毎年待ってますという人。
毎年の分を取ってますという人。
一年間、玄関に飾るという人。

これまた、
いっぱい食べたい人には、少なく・小食な人には、多い「均等な給食」
見たいで、待ってる人には、届かないという事も・・・・。

あと100枚強!シニアさんは、膝。私は、腕。あ~あ~?
[PR]
by yumehorisi | 2011-12-20 06:09 | 被災地からの絵手紙 | Comments(0)
「巨震 激流」三陸新報社発行。
f0029393_4391567.jpg

3.11東日本大震災
巨震 激流
発行日 平成23年7月23日
発行人 浅倉 眞理
発行所 株式会社 三陸新報社
    〒988-0141 気仙沼市松崎柳沢228-100
    TEL 0226-22-6700(代)
    FAX 0226-23-6100
印刷所 三陸印刷株式会社
定価  1500円

被災を越えて 未来につなぐ 震災からの記録集
f0029393_4495734.jpg

今年2月3日(絵手紙の日)
私は、生まれ故郷の宮城県気仙沼市の松岩公民館において、
三陸新報社復刊65周年記念と、冠のついた企画で絵封筒展と、消しゴム印教室を
行いました。

実家から、裏のお寺と、父母の墓地に手を合わせそのまま歩いて公民館へ。

津波は、我が家の足元まで、瓦礫の山とともに押し寄せたようです。

我が家の付近は、松岩寺(しょうがんじ)と云うお寺もあり
「お墓山」と呼ばれるほど坂の途中。

松岩公民館は、その山の最も高台に位置し、今では避難場所となっている。
f0029393_4394514.jpg

この本は、「浅倉社長直筆の手紙」とともに、昨日送っていただいた。

あとがきの中で

この本は、気仙沼市と南三陸町に取材した記者が、命がけで綴った記事。
輪転機が壊れ、電気のない中で製作された「三陸新報社」の号外と特別号。
市長をはじめとする町の中枢を担う人たち72人の証言。
そして、記者を中心に社員が撮影した、膨大な写真の中から編んだ「その日」である。

震災で尊い命を奪われた方々のご冥福を祈りながらー。
と「専務の渡邉眞紀氏」が、書いてます。

上の写真は、マグロ・カツオ・サンマ船が、水揚げをする気仙沼の魚市場。
右の見える屋根は、市場の屋根。

岸壁があって、普通の水面は岸壁の下になります。
市場は、2階建で2階部分は、事務所になっています。
普通は、その屋根の下を、大型トラックも行き来する高さがあるのです。

撮影場所は、その市場の展望台で、ほぼ押し寄せる波と目線が一緒での写真と云えます。

居合わせた人でしか撮れない写真です。


一ページ・一ページ涙ながらに・・・。合掌。
[PR]
by yumehorisi | 2011-07-27 05:23 | 被災地からの絵手紙 | Comments(6)
被災地(T・Yさん)からの絵手紙。
f0029393_456592.jpg
f0029393_456171.jpg
f0029393_4562896.jpg
お手紙有難うございます。

ご想像の通り、○○の住所には、
家はありません。

大地震にも、2階まで波が上がっても
耐えた我が家は、
その後の湾内で起こった火災に
よって全焼でした。

高台からただ々々見るのは無念でした。

何一つ持ち出す事は、できませんでしたが
家族九人と娘・孫が無事だったので、
何もこれ以上望みません。

絵手紙の皆さんには、いっぱい励ましやら
やさしい言葉やらかけていただき
涙々でした。

本当にありがたいです。
[PR]
by yumehorisi | 2011-04-22 05:09 | 被災地からの絵手紙 | Comments(0)
絵手紙に救われて?
f0029393_455038.jpg

全部流されてしまいました。
やっと描く気になりました。
避難所の土手のふきのとうも、こんなに伸びました。


顔彩が、流され・筆も流され、色も無く・鉛筆書きのふきのとう。

(笑いながら一日 一日)

ぎりぎりの気持ちの中で描く絵手紙。
住所も、名前も書いてない。自分の住む場所で無い住所を書く気持ち。
どんなものなのだろう?

「ぎりぎりの気持ちの中で書いた手紙?」

野口英世のお母さんの、アメリカに住む息子に宛てた手紙。
そして、東京オリンピックマラソン3位の円谷選手の「遺書」

「小手先に走ってしまうような自分の絵手紙なんぞ!」反省しきり。
f0029393_4551164.jpg

震災5日前の気仙沼市大島からの気仙沼湾のスケッチ。
この湾が、火の海になったとある。


昨日、昨年6月の岩手でお世話になった「Eさん」と話を。
岩手県一円を、絵手紙指導しているような方!
昨日の「名前印」の話を伝える。


夕方、福岡からの着信が?
昨年秋の「命の洗濯ツァーのご一行様」と
6月12日・瀬戸内海の見える広島で会いましょうと。

私も、絵手紙に救われている。
[PR]
by yumehorisi | 2011-04-20 05:26 | 被災地からの絵手紙 | Comments(0)
とりあえず何とか「帰宅」しました。
f0029393_6243674.jpg

f0029393_6245075.jpg
被災地からの体験した
「生」の声を前にして、
私のつたない文章なんぞ
霞んでしまいます。

私の場合、被災した方と
少しでも面識があっての事。

絵手紙を手にされて、
十分に読み応えのあるもの?
(活字が恋しい)事があります。

私に出来ることを
こつこつと・・・?
f0029393_625362.jpg

さて、夜行バスにて先ほど帰宅しました。

出発場所の、バスターミナルに、出発時刻の50分も前に着きました。

なんと「すごい!!」と思うでしょう。
待ち時間を、利用して、息子の顔を見に行こうとしてました。

ところが、チケット購入の段になり、出発時間は、22時でなく21時30分だと。

いつから決まった!!4月からだと!!

一ヶ月前の三月の購入予約電話を入れますから、
4月から「ダイヤが改正されます」の告知は、ありません。

50分も前に行ったのに、もう出発時刻の15分前。

知っている方は、とっくに、乗り込んでいるではありませんか?

30分も余裕を持って、バスターミナルに来ても、
「もう出発後です」って事になってる人は、いるだろうな??

もしかしたら、最後の最後で、また「おおドジ」をやらかしていたのでしょう?
[PR]
by yumehorisi | 2011-04-18 06:51 | 被災地からの絵手紙 | Comments(0)
「老眼鏡?」も、欲しいだろうな。
f0029393_4585134.jpg
f0029393_459128.jpg
嫌がおうにも、パソコン
(ワープロ機能)と
付き合わねば成らなく
なったのは、
平成8年2月から?

その2年前頃から、
認印を手にして、
上下が、分からなく
なって来ていた。

机に座っての
仕事が増えると、
老眼は、見事に進む。

秋田駅で、時刻の
問い合わせに答えた
時・ひざの上の眼鏡を
落としたの気がつかず
飛行機に乗り込んで
しまった。




「そこは、私の席なんですが!」

そうなんです。
機内に乗り込み、指定座席付近に近づくと座席番号が読めない。
適当に座ると、座席番号の前後が違う。
当然・機内誌も読めない。
これは、非常にパニクッてしまう。


老眼鏡も、入れ歯も流された人も居るだろうな?
活字が、読めない苦しさ。活字が苦しいほど、恋しい想い。

テレビで、無料の「老眼鏡プレゼント」に、良かったな~!と思った。

そういえば、
第1回中国行き・旅の注意事項に「老眼鏡は、2個お持ち下さい」とあったな~。

札幌へ行きます。二つの組織の二つの総会に。18日朝・帰りに。

気仙沼の新聞社「三陸新報」は、4月になって届くようになったと。
社長さんも、社員の皆さんも「寝ずの働き」を、しているのだろうな?

4月上旬の「三陸新報」を絵手紙仲間から送っていただいた。
                          (読める嬉しさ!!)
f0029393_5343134.jpg
[PR]
by yumehorisi | 2011-04-16 05:35 | 被災地からの絵手紙 | Comments(0)
被災地(気仙沼)から届いた絵手紙
f0029393_5221198.jpg

はがき2枚・横使用の避難場所。
下・拡大写真。
f0029393_5223467.jpg
f0029393_5224522.jpg

先日被災地気仙沼の何名かに、「切手を貼った画仙紙を送った」というのは、
話したとおり。

この方は、色鉛筆は持っていたようです。

流されて、家の無い住所を書いてます。・・・・・・。

鉛筆で「ここから(住所)離れたくない。」「絶対もどりますから」と。

来月8日。中標津町では、「チャリティーウォーク」と言う事で、
中標津deチャリティーウォークと言う事で動いてます。

私は、当日勤務日でもあり、確かに交代して貰えばいいのですが、その他で
勤務の交代をしていただいております。

ただ、東京品川の「大崎ウエストギャラリー」の「ギャラリー通信21号」の送付封筒に
押す私の作った(消しゴム印)を、参加者の皆様への「缶バッチ」に採用していただくとか?
f0029393_5452734.jpg


私の作ったものですから、それほど「著作権」もありませんし(あはは)
少しでも収益になって「チャリティー」のお役に立てれば。

あの印は、全国何千通押されて、配布されることはまちがいありません。

これからも、多く成ればいいなと、「カテゴリ」に被災地からの絵手紙を加えました。
[PR]
by yumehorisi | 2011-04-13 05:45 | 被災地からの絵手紙 | Comments(2)