絵手紙遊印彫師・夢追い人
yumehorisi.exblog.jp
日本 絵手紙協会公認講師。第1・第3回中国絵手紙使節団員参加。独特の消しゴム印と絵手紙のジョイントを探る
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
日々是絵手紙
絵手紙の小窓
わたしのささやかな暮らし
うさぎとかめがす~べった
はがき絵 日和
ふるさとの礎    なか...
孫日記~遥かなる和へ
北の端っこから 日記
PHOTO雑記帳
日建ハウジング ブログ ...
清野建設株式会社
中標津レクリエーション協...
在日中国人女性の随筆  
お花 to 園の情報
第一宅建設計ブログ
My slowlife ...
北根室ランチウェイ:お知...
北根室ランチウェイ(旧ブログ)
カワセミ工房 鎌倉 (旧...
すみさんからの絵手紙
KUKURAのなんでも日記
のこたんのきらきら絵手紙...
ぽんぽこの絵手紙、字手紙...
素敵にハンドメイド  (...
チャーミングさんの絵手紙...
QPの思い立ったら吉日~...
工務店女房の細腕繁盛記
きゅうママの絵手紙の小部屋
北海道フライングディスク...
里のままが描く絵手紙
月の夜うさぎのように飛び跳ねる
ちびちゃんだより
元気もらって元気くばり
すみちゃんの「絵手紙のあ...
釧路自主夜間中学 「くるかい」
泰山の絵手紙
柴まみママの大多喜便り
がばいちびちゃん の 絵...
銀河夢
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵日記&50円の旅
三日坊主
えっちゃんの絵手紙日記
ピッコロの晴耕雨筆
どんぶりカフェ&お弁当 ...
一汁三菜&ときどき絵手紙
花よりライス~BANAN...
絵てがみとナチュラルリース
ごまめのつぶやき
NONKOの絵手紙便り
最新のコメント
23日の森様! どうし..
by yumehorisi at 04:59
ohisashi bur..
by saitama no mori at 12:22
14日の鍵コメ様。コメン..
by yumehorisi at 04:36
がくさん ありがとうご..
by mt-banana at 12:26
7月1日の非コメ様 若..
by yumehorisi at 05:00
4月7日鍵コメ様 了解..
by yumehorisi at 05:40
3月1日非コメ様。 ご..
by yumehorisi at 06:25
22日の鍵コメ様。 あ..
by yumehorisi at 05:53
nobuyuuta 様..
by yumehorisi at 05:22
ご苦労様です。 北..
by nobuyuuta at 10:36
リンク
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
絵手紙
from 一語で検索
郵便番号
from いま話題の検索語とは?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧
絵手紙ブログも訪問者1,000名に。
f0029393_8204247.jpg

こんな「花」もありまっせ!
カラーちらしを、指でちぎって「花」という字ですね。
すごい。野田市のUさんです。
さて、私から他の人へのブログ訪問を、あまりしてなかったのですが、ほんの少し手を伸ばしました。おかげさまで、今日はすこし訪問していただきました。

私のブログは、3っつ立ち上げて?いるのですが、もう一つは昨年11月からというのもあって、2、000名を突破して、後からこのブログでしたので、まそこそこ。

絵手紙やって、ブログやって、メールをこなせて。やはりそうは時間的にもいかんでしょう。
少なくてもまずますと。
10月14日15日と「田口孝夫絵手紙講演会」を中標津町で行います。

今計画中ですが、13日網走監獄でスケッチ。その夜は川湯あたり屈斜路湖など。
14日中標津町講演その夜中標津泊まり。
15日根室市スケッチ指導・根室戸泊まり。
16日帰京なんてのは、いかがでしょう。

旅行業者では有りませんので、ツァーは組めませんが、私がガイドで田口先生を連れて歩きますので、ご一緒したいで受付相談のりますよ。
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-31 08:34 | 届いた絵手紙 | Comments(3)
今度の土日は、花見だって!
f0029393_9212118.jpg
f0029393_8493215.jpg


桜の開花は、標高が100m高くなると、何日が遅れるらしい。
よって、南の地方にあったとしても、その地の標高が高いと、おそくなるという事なのだろう。
千葉からの写メール。

(家から徒歩10分位のところで、雨水排水路の両脇が桜並木になっていて、毎年、土日はお花見の宴会で賑わいます。)
(さくらのトンネルきれいですよ。私の絵手紙のさくらは、いつもここのさくらです。)
というコメントが添えたありました。

で、私は、昨日・全国絵手紙仲間の何人かに「桜が咲いたら写メールを下さい」といメールをしました。さ、何人写メが返って来るかな?

私の携帯には、だめですよ。
touhounokumasan@aurens.or.jp にお願いします。
それで、「件名」タイトル日付でいいので「日付と場所」の件名を入れて送信してください。
「件名」が入らないと、メールフィルターが効いて、
「送信済み」でも送信されたことになりません。
よろしく、お願いしまーす。
なんせ、中標津町は、5月20日すぎでないと桜は咲きませんから。
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-30 08:49 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
絵手紙は、気持ちが先。
f0029393_844292.jpg
f0029393_8444473.jpg


絵手紙は、書き送りたいときの気持ちの時が、旬だ。
気がついて、上下さかさまであろうが、そんなものは関係ない。
「今・あなたに書き送りたいの」
たしかの乱暴だ。常識ないという人もい居るだろう。
でも嬉しい。さかさまであろうが、誤字脱字であろうが「変しい・変しい」(恋しいのあやまり)であろうが、気持ちは通じる。

東京都のYさん。
中国一緒に行って「貴女を鉄人と呼ぼう」といったら真顔で「やめて」と言われた。「シルクロードも・世界一周の船旅もした」というこの方。
バスの中で寝ていた姿をスケッチしたのは、いまだ机の中にある。「出せない」
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-29 08:45 | 届いた絵手紙 | Comments(0)
絵手紙も写メールでブログも。
f0029393_7441874.jpg

今朝28日訪問したブログの中に
「今は東京に居ます。携帯で投稿します。あとでホテルからパソコンを借ります。1年前では考えられなかった事です。」とあった。
私も、そうだが「明日は何を書こう?絵手紙は誰にしよう」と考える。
今週末から、札幌の行ったり、講義を受け持つ専門学校も4月10日から、私の集中講義が始まる。そんな状態でも、パソコンを貸してくれるホテルへの鞍替えを考えてる。

写メールで、私の携帯に「今ここにいます」というメールがあります。
私の携帯に来た写メールをブログに転送と考えたが、それは出来ないらしい。
ただ、パソコンメールへの写メは、大丈夫投稿できる。
いよいよ持って、メールも写メールもブログを見ることも主婦の必須事項になってきたのかな?

そんな、パソコンと格闘している一人
「千葉のOさんからの遊印とのジョイント展からの絵手紙。
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-28 07:46 | 届いた絵手紙 | Comments(0)
気分だけでもお花見だい。
f0029393_8202432.jpg

もう四月ですね。
今朝の明るさよ。
新聞が見開きで「桜前線だより」・・・・根室市・清隆寺・見ごろ5月下旬と書いてありました。
しかたないやね。
そんな訳で、去年の桜を。

あ、yumeoiさんの色使いは薄いのではないか?
という話が、あります。 てっぺんも薄くなってくてますが。

緑色が、帯広とも・千歳とも・本州とも違う気がしています。
木々の葉の色も、ふきのとうの緑色も、多分に緯度の違いが有ると思ってます。

いや、「顔彩」がもったいないだけかも。
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-27 08:28 | 自作自印 | Comments(4)
絵手紙メール絶好調
f0029393_15155950.jpg

パソコンに来るメールに添付された絵手紙を、マイピクチャーに保存。
それを、サイズにより、そのままだったり、大きくしたり。
岩手のEさんの絵手紙メール。

技術的なことよりも、幾つに成っても、挑戦する気持ちがすごい。
いろんな処に呼ばれて、楽しんでくることがあるが、得てして「男がふがいない」
「女の方は、目新しい事に、なんとも不安がらす挑戦する」
「不安でしょうがなくて、お腹を大きくして10ヶ月も居られまい」
「男は、不安なことは耐えられない」
だから、新しいことはあまり挑戦しない。そんなところかな?
団塊の世代のお父さん方よ。どうする、どうする。
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-26 15:16 | 届いた絵手紙 | Comments(0)
絵手紙は、花盗人・心盗人
f0029393_11523710.jpg

あちら・こちらから花が咲いたと絵手紙が来る。
出すほうは、「ただ、桜が咲いた」ってことなんだろうが、聞く方は、とういうと・うらやましい。
良いな・ねたましいな・くやしいな、となってきて、なんとも我慢我慢の季節に入る訳でだ。

このうらやましい気持ち!「今に見てろ・敵討ちをしてやる。」
挙句の果ては、ついこの100年ほど前まで、「親のかたき」って、人を殺したら拍手喝采していた日本人の血が流れているんだぞ!
なんて事までほざきたくなる。 あはは。

さて、全国版絵手紙季刊誌にも、紹介されている埼玉のKさん。
掌で打つ拍手は、一個では鳴らないと。

アー花を盗みに行きたい。ついでにあなたの心もなんて!
「あんちゃん・カッコイー」
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-24 12:05 | 届いた絵手紙 | Comments(0)
絵手紙を描きに、西安に行こうよって。
f0029393_813523.jpg

「絵手紙を描きに、中国・西安に行こうよって」誘われてます。
嬉しいな。「あの人も行くそうだよ。」「もちろん私も行くのよ?」

だんだん悲しいなって。
「富良野のおばば」
本人が云うんだから、仕方が無いとは云え、「富良野のおばば」で全国に通じるWさんからです。ピンクがきれいだな。どうしてこう綺麗なピンクが出せるんだろう?。

絵手紙の世界も、広いようで狭くて。
「あの人が好きになる・相性の合うあの人は、この人が好きで、その人を私も好き」
という連鎖反応があるんです。

で、この反応が、富良野のおばば繋がりで、千葉に行って、千葉の○○つながりで、あっちに飛んで、九州に飛んで、四国に飛んでとつながるんですね。

36年かも「男ばっかりの世界」で過ごして来て、もう少し若いときに、誘われてみたかったなー。
と「おじさん」は、西安には、行けなくているんです。
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-23 08:00 | 届いた絵手紙 | Comments(0)
右手がだめになっても、左手がある。
f0029393_9153251.jpg

東京のTさんからの字手紙です。

ご本人が、バブル真っ最中の53才の頃、○○銀行金沢文庫銀行支店長の時に、自分の車を洗車中に、「グラリ」と来て縁側にも・たどり着けず。

それから、10何年。
第3回中国のときも、奥様とご一緒させていただきました。
3年ほどまえには、帯広にもおいで下さいました。

この頃、私も「なか二日位の禁酒日」を設けています。
飲めなく?いや、飲めますよ。回復が遅いのです。
私が、もし「こんな状態になったら?」いったいどうするでしょうかね。

「夢あればこそ・生きられる」と言えるでしょうか?。

この字は、右手が不自由友に成った為、左手をトレーニングして、左で書いた字でしょう。
大きな字は、右手に筆を持って(持たせて)左手を添え支えてお書きに成ります。
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-22 09:27 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
絵手紙もブログもは、少数派
f0029393_8244863.jpg

昨日の岩手のEさんの様に、絵手紙バリバリ、講師でバリバリ。メールに絵手紙を添付。
携帯でメールが出来て。というのは、全く少数派であると思う。
絵手紙の愛好者人口も、そうメジャーな趣味の領域ではないと思えるので、そちこち覗いてみると、両立はやはり時間的にも、無理がありブログの絵手紙愛好者はそれだけ。
切手を貼っての愛好者は、そっちのほうだけと成るのも仕方ないと思う。

昨日筆をとって見た。
しばらく墨もすってないので、「あれがない・これがない」で、まず落ちつかない。
でもここまで、きたからには、ずーっとブログを続けないとな。と

落ち着かない理由は、暮れに「紙と墨」をすこし贅沢をしたのが、よくなかったかな。
百円均一の墨汁を使ってた人が、「一瓶5,000円」という墨だったしなー。

今日の絵手紙、根室市のIさんから。姉妹でお世話になっております。
[PR]
by yumehorisi | 2006-03-20 08:38 | 届いた絵手紙 | Comments(0)