絵手紙遊印彫師・夢追い人
yumehorisi.exblog.jp
日本 絵手紙協会公認講師。第1・第3回中国絵手紙使節団員参加。独特の消しゴム印と絵手紙のジョイントを探る
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
日々是絵手紙
絵手紙の小窓
わたしのささやかな暮らし
うさぎとかめがす~べった
はがき絵 日和
ふるさとの礎    なか...
孫日記~遥かなる和へ
北の端っこから 日記
PHOTO雑記帳
日建ハウジング ブログ ...
清野建設株式会社
中標津レクリエーション協...
在日中国人女性の随筆  
お花 to 園の情報
第一宅建設計ブログ
My slowlife ...
北根室ランチウェイ:お知...
北根室ランチウェイ(旧ブログ)
カワセミ工房 鎌倉 (旧...
すみさんからの絵手紙
KUKURAのなんでも日記
のこたんのきらきら絵手紙...
ぽんぽこの絵手紙、字手紙...
素敵にハンドメイド  (...
チャーミングさんの絵手紙...
QPの思い立ったら吉日~...
工務店女房の細腕繁盛記
きゅうママの絵手紙の小部屋
北海道フライングディスク...
里のままが描く絵手紙
月の夜うさぎのように飛び跳ねる
ちびちゃんだより
元気もらって元気くばり
すみちゃんの「絵手紙のあ...
釧路自主夜間中学 「くるかい」
泰山の絵手紙
柴まみママの大多喜便り
がばいちびちゃん の 絵...
銀河夢
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵日記&50円の旅
三日坊主
えっちゃんの絵手紙日記
ピッコロの晴耕雨筆
どんぶりカフェ&お弁当 ...
一汁三菜&ときどき絵手紙
花よりライス~BANAN...
絵てがみとナチュラルリース
ごまめのつぶやき
NONKOの絵手紙便り
最新のコメント
リンク
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
絵手紙
from 一語で検索
郵便番号
from いま話題の検索語とは?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧
引越し申し受け・申し送り真っ最中。
さすがのんびりというか「段取りのがくさん」も大変なわけです。

え~様々な事もあれもこれも、「夢追い人」が「ゆめの森公園」勤務ですので、「白雪姫と小人たち」も、「ヘンデルとグレーテル」も「チルチル・ミチル」もごっちゃまぜです。

いったい何なのさ?
絵手紙の更新には、少し時間をください。

ということでホームページ「道立ゆめの森公園」とブログ「ゆめの森公園日記」を見ててください。

ホームページ・ブログを見て「このフィールド・私はこうしたい!」という書き込み大歓迎。

「これは面白い」と私が思った人は、公園にあるイモ畑のイモを送ります。
「うっそでない!」

そうだな?提案はブログで紹介し「これは出来そう!」もしくは「やってみる価値あり」には、
イクラの醤油漬けがいいかな。

イモより送料が安いから。
イモはイクラより安いのに重いから高い。あはは
たのんまっせ!!!。
道立ゆめの森公園

ゆめの森公園日記
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-30 20:37 | Comments(8)
中標津講演でのスケッチ旅行の模様が見れます。
私のブログ左下のほうにもリンクしてありますが、面倒な方もいらっしゃるでしょう。
下の田口孝夫絵手紙旅日記をダブルクリックしてください。
田口孝夫絵手紙旅日記
田口先生のお描きになった10月15日~16日の中標津町でのスケッチ・根室でのスケッチ・野付漁港でのスケッチが、見ることが出来ます。
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-28 23:13 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
口でいうほど忙しいわけではないが?
f0029393_9271819.jpg

f0029393_927364.jpg

f0029393_9275710.jpg

f0029393_9281689.jpg

田口孝夫絵手紙講演会終了のお礼状がまだ出せないでいる。

事務機器の引越し。申し受け。こちらの申し送り。レクリエーション・インストラクター養成講座の打ち合わせ。なにもかも同時進行で進む。

されど公園も前任者の机やロッカーが片付かないと持っていけないし、全部が持って行ける訳ではないし、自宅に持ち帰えらなければ成らないものもあるし、遅々として進まない。

なんかブログの更新もしないと、毎日うん十名のかたが、訪問してくださるのでうれしいかぎりです。

一昨日お礼の絵手紙が届きました。
一緒にスケッチ旅行をなさった方からです。

歌を歌いながら、根室半島北側を走ってたわけです。ぼやきですが、私・カラオケの無い時代に40分以上止まらず、いろんな歌が唄えたものでしたが、ぼろぼろ記憶から外れて行きますね。

ららら~とか、わぁわぁわぁ~とか、前川清のバックコーラスじゃないのでね。

童謡歌いながら動揺してましたよ、どうしようって?。

ほんと絵手紙っていいな。

絵手紙にぐり合えなかったら、単なるよっぱらいのおじさんだったかも。
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-28 09:42 | 届いた絵手紙 | Comments(0)
写真なんか撮るな!描け!
f0029393_11212945.jpg

写真なんか撮るな!撮るヒマが有ったら描け。
という方がいらっしゃいます。

確かに撮ってしまうと安心する。後でみればいいやとなる。

この前のスケッチ旅行でのスケッチが届いた。

写真は、このブログでも見ることが出来ます。根室での夕焼けです。

デジカメの機能で時間も分かるので、何時何分にスケッチをしていたか?なんてことは分かるが、もしかしなくても、今日の夕日は二度と見れるわけではない。
「一緒の場所に、たたずんで描いた」という共有感は写真では分からない。

写真よりビデオより体温を語り、風を語り、色どりを語る。
そんな絵手紙を私だけにいただく。素晴らしいことです。

そういえば、霧の深い風連湖で、真っ白で何も見えないと、かいて白紙を送ったことがあった。
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-27 11:32 | 届いた絵手紙 | Comments(0)
私事ですが。
おはようございます。
今朝は静かな雨です。
雨が降っているときは、暖かい。と思う時期がやってきました。
雨が降るときは、プラスの気温ですから暖かい。あとは全部「雪になる」ということです。

さて、私事ですが、勤務先が11月から変わります。
f0029393_624197.jpg

私の住む中標津町にあります「北海道立ゆめの森公園」といいます。
f0029393_6251341.jpg

f0029393_6254629.jpg

そんなわけで今の勤務先での残務整理と、新しい勤務先の申し受け。

11月始めのからの町の総合文化展の絵手紙展示準備。

昨日は、先の絵手紙講演会の事業報告書を提出して第一段階をクリア。
そんな中で、北海道新聞社からの取材受け。

なーんだか!すごくなーい?。
夢追い人が、ゆめの森公園で勤務です。
写真は、今年の6月にやった「ニュースポーツ・フェステバル」の模様です。
指導に行ってる専門学校の学生と地元の子供たちの交流。
取材受けは、11月25日の「フライングディスク講習会」を「ゆめの森公園」で企画している話。

勤務のさなかに、アリーナ内の会議室を使って地元の学校の先生方の研修会として、絵手紙教室を11月11日に?

11月17日は、30km離れた町で、午前中その町の高齢者大学の身体を動かしての軽いレク指導。そのまま午後は5kmはなれた小学校で4・5・6年生に「ゲームの楽しさ」指導。

エ!何屋さん。そうだね「夢屋さん」かな?
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-26 06:48 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(1)
絵手紙から少し外れて。
f0029393_6501829.jpg

本州にでもある牧草地は、牛が放牧されているため「ウンチ」もあるのだが、牧草を刈り取るために、踏みつけられてしまうのを当然のように嫌う。

よって、牧草地は人が立ち入らず眺める場所で、遊ぶ場所でも歩く場所でもない。

それを農家の方の協力を得て、「牧草地で100人でサッカーをやってみたい?」
というのが今回の企画。

遊ぶのは大好きなので、ゲームの前に凧揚げをやってみる。
私には、キャンプの指導・絵手紙の指導・凧揚げ、来月はフライングディスク(フレスビー)の指導者コースも企画も(誰が楽しんでいるのだ)とやっかみの声も?

これが、目では良く見えるのに、この広大な広さとすがすがしさが、大きすぎて分かっていただけるだろうか?
高所作業車で、ゲートをつくり、その上で写真を撮る。
ゲーム終了後は、地元のじゃがいも・ミルク・そしてスタッフの手作り焼きそば。
f0029393_6522592.jpg

f0029393_6524063.jpg

f0029393_6525843.jpg

f0029393_6531494.jpg

f0029393_653307.jpg

NHKローカルでは、今晩23日16:30分から放映の予定だと。
そして、同じ100人サッカーの投稿をしている、「雑記帳」さんに飛んでいって人気ランキングにクリックをお願いします。
喜ぶぞ!!。
雑記帳
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-23 07:04 | Comments(0)
軽度の燃え尽き症候群も、絵手紙で元気になる。
f0029393_858212.jpg

展示会とか、今回のような講演会などを主催すると、終わった後に安堵感があったり、ふっと力が抜けたりするものです。
19日と20日と専門学校でのレクリエーション・インストラクター実技のテストもやってたので、これで、なんとか学生を卒業させることが出来る、安堵も重なり燃え尽き症候群のような気分にさせられた。

帰ると絵手紙が来ている。
嬉しいね。ブログを見ていてくれてて「頑張りましたね」と有る。
幾つになっても、ほめられる・認められるは嬉しい。

もうお一方は、ご主人の転勤で、講演会を目前にして中標津町を去られた方から。

「私講演会あるから、おとうさん先に転勤して!」なんてことは云えませんよね。
グログを見て、一緒に講演会をした気分になってください。

さて、10月15日別海町の「なつかし館」というところを、ほんの少しお邪魔したのですが、その様子が、下のブログの10月15日に出ています。
親父の独り言
クリックをすると飛んでいけますのでごらん下さい。
実にいろんなコレクションがあります。1時間ではダメ、半日くらいは見たほうがいいと思う。

今朝NHKが、十和田湖の紅葉をやってましたね。
もうこちらは、朝の霜は当たり前になってきました。
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-21 09:12 | 届いた絵手紙 | Comments(0)
田口孝夫スケッチ旅行。最終章
根室の見送りを受けながら一路中標津13:50分までの時間を駆け巡ります。
尾岱沼ではしゃけの水揚げを見て、エビの踊り食いと思いましたが、月曜日で漁に出たばかりで、なまエビが品薄。この次ね。
じゃソフトクリームを。
f0029393_9413718.jpg

この天気。寒くなく暑くなく。カラッとした天気で。
「よもぎ」のアイスにしよか?「バニラ?」「ブルーベリー?」「それともミルク?」
だから・「迷うからね」っていったしょや!
f0029393_9415974.jpg

味はダブルで頼めるので、それぞれを頼んで仲良く味見。
調度良く通りかかったオーナーの近藤さん。
この方が、このアイスを作ってます。
絵手紙協会ボランテァ部の方も食べた、中標津空港にすぐそのそこの、「ラ・レトリ」さん。
f0029393_9472791.jpg

開陽台へ。
誰の幸せを祈って鐘を突くのですか?
昨日、神社に2礼2拍手してきたばかり。まいいか?
f0029393_9485923.jpg

f0029393_9491870.jpg

f0029393_9493780.jpg

北の方向から、摩周湖・阿寒・釧路方面ですが、南側は太陽があって撮影できません。
見に来てください。
f0029393_9513032.jpg

スケッチしても時間があって、飛行場すぐの「道立ゆめの森公園」に、
何を隠そう、11月から私はここで勤務します。
f0029393_9532111.jpg

バスターミナルみたいだね?という中標津空港。
最後の最後に「夢の会」のこれが有名の中標津空港お見送りのハンカチ娘。
デジカメの距離計がガラスに反射します。
f0029393_9554473.jpg

あっという間に、機は、東京に飛び立ちます。
明日は名古屋。まじめな顔をして切り替えないと。あはは。
f0029393_95643.jpg

f0029393_1063519.jpg
自宅に着くと、絵手紙が届いてます。

今回もやられました。

礼状も3日も過ぎては、もうありがたくないもんですが、グッとタイミングで礼状が届きます。
「感謝!感謝の3っ日間ありがとう」
根室のIさんからも。

私は、決算報告がまだ続きますので、ごめんなさいね。

沢山のアクセス。みなさんありがとう御座いました。
それぞれの立場で、活躍していただきました。
本当に感謝いたします。

追伸
あのイクラは、どうなったのだ?
という質問が来た。
f0029393_18462191.jpg

鮭のメス2匹から取ったイクラは、その場でボールに撮って「昆布醤油で30分」漬けて、次の日の朝、お土産として先生に持たせました。

私は貰ってません。はい
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-18 10:08 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(3)
田口孝夫絵手紙スケッチ旅行。(SDTの法則)
f0029393_8302819.jpg

さて、懇親会場に着いて、一時間も経過してやっとこさ、懇親会が始まった。

前置きしておきますが、根室市での懇親会!。
あれを食べた。これを喰った。どうだすごいべ!という懇親会では無い。
どうか、この3日間の絵手紙講演会の随所にちりばめられた「演出」の数々から、「あーそーなんだ・そういうことだったのね」とご覧になっていただきたいのです。

会場は、窓の部分はビニール張り。風が吹くとばさばさと音がする。

「東京から来る絵手紙の大先生を、こんなビニール張りの会場で良いのか?」
「上品に、お三味線が鳴るような・ちょびちょびと料理が出てくる懐石料理が良いんではないの?」

3年前の田口先生を迎えた初めての年。この意見に私は反対した。

全国を旅する先生が、奈良も鹿児島も根室も、食べるものが一緒ではだめ
根室は、根室でしか食べられないものを出す。
「だって、いっつも食べているものは、そう上品ではないよ」

「いや、だからそれが良いんだよ。」
忘れられてしまうような、懇親会ならしないのと一緒なんだよ」
「ほんとに、ここでいいんですか!」
「良い!」

こうしたいきさつが有って、計画は進められた。

「口下手なので、開会と歓迎の挨拶がわりに」と会長のIさんから
「講演会が終わって・根室に1時間半かけて帰って、その感激を一晩空けた次の日に描くのでは無く、今の気持ちで、再度会員が集まって描きました」
と、田口先生に宛てた絵手紙を読み始めた。
f0029393_8311458.jpg

SDTの法則。Sは、スピーディー。D=ダイナミック。T=タイムリー。
どれが欠けてもダメなのです。
明日では無い・今の今。チマチマしないで、ダイナミックに。しかもタイムリーであること。

大口を開けて大笑いをした後に、またキリッと会を引き締める挨拶をする。
しかも絵手紙仲間らしく・絵手紙で!です。
f0029393_8362689.jpg

心なしか、田口先生の目元が気になりました。
これには、私もググッ!っと・
f0029393_8382818.jpg

もう関西喜劇仕立てのドラマのような展開です。

見たか根室の歓迎ぶりを!
f0029393_8533293.jpg

「貴女の名前は?」「ハイ・白鳥・・・・」
「すごい、女優さんと一緒でしょう」
「エ!どの人?どの人?」
f0029393_8404465.jpg

f0029393_841698.jpg

「根室では、皿は使わないの?」
「新聞紙が皿がわりなの」
「終わったら新聞紙で包んで捨てるの」

「エ!熱いじゃない」「熱かったら2枚も、3枚も重ねるの」
「どうやって食うのさ」
「いやー手間のかかる先生だね」
「切って上げないと食べれないってかい?」
f0029393_8463331.jpg

「いいふりこかないで、かぶりつけばいいしょや」
あっという間に2時間は経とうとしていきます。
f0029393_8481220.jpg

最後にもう一度、描いたカニの絵が見たいということで、明るいところでご対面。
宴もたけなわですが、2時間以上の懇親会は次の日に堪えます。
f0029393_8563719.jpg

全国どこにもない。根室だけの懇親会。絵手紙がかける不思議な縁。
なぜに、こんなにやさしくなれるのか?なぜにこんなに頑張れるのか?


出発は、調度8時。
根室の町中に歌が流れます。

嵐も吹けば雨も降る。女の道はなぜ険し。
君を頼りに、私は生きる。
ここに幸あり、青い空。

見送りの手がいつまでもふられます。

[PR]
by yumehorisi | 2006-10-18 07:04 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)
田口孝夫スケッチ旅行。パートⅡ。時間を追って。
教育委員会への事業完了報告文書があります。
ゆっくりでも良いのですが、今週は、明日しか時間が無く、19日20日は、専門学校の講義に出かけますので、文書の目鼻を作っておきたいのです。

ところが、これにブログの更新を今か今かとお待ちの方が、はっきりとアクセス数に現れています。
早く・早くです。
さて、
16日の大きな流れですが、7月山田みちよ先生も行った「ハリストス正教会」~別海町の「なつかし館」~根室に行き「花咲灯台・車石・納沙布岬・金刀羅神社」そして「懇親会会場」へ、という流れです。

f0029393_11341110.jpg

茨城出身の日本初めての洋画家「山下りん」という方のイコン画を見に行ったわけです。
詳しくは、省略しますが、(全部分からないからね?)

絵を習いたいと15歳のときに、家出をしてはだしで線路づたいに歩いて、東京に行く。
5年の計画で、ロシアに絵を習いに行く。模写を強要されるのがイヤで、2年で帰る。

全国60箇所ほどに今も絵は残っている。その内の一ヵ所が、中標津町武佐にあります。
f0029393_11294240.jpg

で、さっそくスケッチ。
全く絵手紙初めてのという何人かが、同行しました。

大丈夫。先生の指導が良いもの。描けなかったら指導が悪いんだもの。
びっくりするように、はがきを2枚・3枚と足して書き始めます。

「私・初めてだからね?」なんども聞いたって。
「いうな!って。何年やっても描けない人もいるんだから。」あはは。
f0029393_11471123.jpg

別海町の別海温泉ホテルの丹羽さんという方が集めに集めた昭和30年代のコレクション館です。丹羽さんのブログが有りますのでとりあえずリンクはあとにして飛ばします。
f0029393_11572586.jpg

根室に15kmほど手前にある道の駅・風連湖です。
白鳥が来てます。

行く先々が、立ち止まってのスケッチになるので、時間調整はでたらめになります。
添乗員でガイドでドライバーで、旅のコーディネーターは、行き当たりばったりのようですが、
全部予定した顔をして、行き当たりぴったりのスケッチ旅行を演出します。
f0029393_1214932.jpg

f0029393_122829.jpg

上は太平洋の海・下は納沙布灯台オホーツクの海。
寒くて鼻水が出ます。
f0029393_1233519.jpg

根室半島の北側を、夕日が沈む時間に調整をしながら進みます。

「サァー歌え、秋の夕日に・赤とんぼ・ギンギンぎらぎら夕日が沈む」途切れたらダメー!
叱咤激励・雨あられ・
車の中は歌声喫茶状態、夕焼け海の夕焼けスパイダース・堺まさあき・全員その頃の歌しか知らない連中です。

「静かして!今ジューって音がして海に太陽が沈んで行くから」
「やー3年前も見れたが、今年も見れた。ガクさん。今度はいつ見ることが出来るんだ?」
「エ!」「私は、明日でもいいんだぞ」

「いや、あさって名古屋だからダメか」ガハハハハ!
f0029393_12125013.jpg

夕方暗くなった5時、ものものしい人だかりに、発泡スチロールの箱の中で、ギシギシとタラバガニが暴れてます。
f0029393_1215977.jpg

「わたしぁ、食べる前にこの秋味を書きたい。ほら!。紙。墨。下敷きは・風に飛ばされないように抑えて。石ころ拾って来て。こんな真っ暗なところで初めて描くよ。

大騒ぎです。
f0029393_12181953.jpg

ご臨終の前にやはりこのカニも描くか?。エ!このカニは、焼いて食べるの。
f0029393_12293167.jpg
f0029393_1230493.jpg


今度は何をさせるの。こんな格好初めてでしょう。エ!。鉢巻もするの。

これじゃ鳥羽一郎でしょう。
先生似合ってるよ、絵手紙やんないで、ヤン衆で、やっていけるしょや!

エプロンも、タオルの鉢巻もすべて根室ふきのとうみなさんが、心配りが現れます。
f0029393_12334788.jpg

魚に包丁なんか入れたこと無いよ。
大丈夫・教えるから。
f0029393_1223250.jpg

すごいイクラだね。「これイクラ」なんて親父ギャグいわないでよ。
f0029393_12232262.jpg


懇親会は、まだ始まっていないのです。
また明日だ!
[PR]
by yumehorisi | 2006-10-17 12:36 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(0)