絵手紙遊印彫師・夢追い人
yumehorisi.exblog.jp
日本 絵手紙協会公認講師。第1・第3回中国絵手紙使節団員参加。独特の消しゴム印と絵手紙のジョイントを探る
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
日々是絵手紙
絵手紙の小窓
わたしのささやかな暮らし
うさぎとかめがす~べった
はがき絵 日和
ふるさとの礎    なか...
孫日記~遥かなる和へ
北の端っこから 日記
PHOTO雑記帳
日建ハウジング ブログ ...
清野建設株式会社
中標津レクリエーション協...
在日中国人女性の随筆  
お花 to 園の情報
第一宅建設計ブログ
My slowlife ...
北根室ランチウェイ:お知らせ
北根室ランチウェイ(北根...
カワセミ工房 鎌倉 (旧...
すみさんからの絵手紙
KUKURAのなんでも日記
のこたんのきらきら絵手紙...
ぽんぽこの絵手紙、字手紙...
素敵にハンドメイド  (...
チャーミングさんの絵手紙...
QPの思い立ったら吉日~...
工務店女房の細腕繁盛記
きゅうママの絵手紙の小部屋
北海道フライングディスク...
里のままが描く絵手紙
月の夜うさぎのように飛び跳ねる
ちびちゃんだより
元気もらって元気くばり
すみちゃんの「絵手紙のあ...
釧路自主夜間中学 「くるかい」
泰山の絵手紙
柴まみママの大多喜便り
がばいちびちゃん の 絵...
銀河夢
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵日記&50円の旅
三日坊主
えっちゃんの絵手紙日記
ピッコロの晴耕雨筆
どんぶりカフェ&お弁当 ...
一汁三菜&ときどき絵手紙
花よりライス~BANAN...
絵てがみとナチュラルリース
ごまめのつぶやき
NONKOの絵手紙便り
最新のコメント
4月7日鍵コメ様 了解..
by yumehorisi at 05:40
3月1日非コメ様。 ご..
by yumehorisi at 06:25
22日の鍵コメ様。 あ..
by yumehorisi at 05:53
nobuyuuta 様..
by yumehorisi at 05:22
ご苦労様です。 北..
by nobuyuuta at 10:36
nonko2014 さ..
by yumehorisi at 06:09
きゅうママへ。 単なる..
by yumehorisi at 06:05
車だけで済んで、良かった..
by きゅうママ at 09:09
がくさん ありがとうござ..
by nonko2014 at 08:29
nobuyuuta さ..
by yumehorisi at 06:08
リンク
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
絵手紙
from 一語で検索
郵便番号
from いま話題の検索語とは?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
世の中を支えるのは「おばさん」です。と言う記事。パートⅡ。
f0029393_6274768.jpg

私は、中学校を卒業して、高校は男子校だった。
高校を卒業をして、54歳の誕生日までこれまた男ばかりの世界で暮す。

しかも、結論の出ない話をするなどは、ないに等しく、結論を見つけるための前提とかその条件がいくつか並べられ、傾向と対策を考えて消去法により・・・・・・・。
結論付けに至った対策を、逆算して準備を滞りなく実行する。

な~んて事の方が、多かったかな?

ところが、2000年頃から絵手紙を始める。
2001年そのいわゆる「おばさん」(お姉さま達)と約1週間の中国行きをする。

39年間近い男どもの世界からの決別が始まるわけである。

以下北海道新聞からの記事・昨日の続きをしましょう。

「おばさん」の話題は、めまぐるしく変わる。
議題が決まって、会議に慣れているおじさんには、これがどうも落ち着かない。
しかし、前の話題に戻ってきっちり結論を出そうとしてはいけない。
雑談を仕切ろうとするおじさんは嫌われる。(実に、ぎゃははである)

「おばさん会話力」を身につければ、あなたのやさしさが素直に伝わり、これからの人生が豊かになる。
あくまでも、教えてもらう立場であることを忘れずに。

どんなおばさんでも、心は清純で美しい(と思っている)
「恥じらいもなくずうずうしい」と言われていることに深く傷ついている。
どうか壊れやすい可憐な花のように扱ってほしい。
そんなあなたの態度におばさんは、いたく感激するだろう。

そのときこそあなたが「おじさん王子」としておばさんワールド迎えられる門出のときである。

と書いてある。
中村桃子先生の専攻は「言語学」
著書は、「『女ことば』は、つくられる」(ひつじ書房)
「婚姻改姓・夫婦同姓の落とし穴」
「<性>と日本語ーことばがつくる女と男」(NHKブックス)とある。
探してみよう。

さて、絵手紙協会総会が、終了してホテルのレストラン予約席を陣どって、2001年中国に行ったいわば戦友のような(お姉さま方)との懇親会である。

ほぼ2時間の懇親会は、私はほぼ「聞き役」である。
相づちをうって、たまに話題を振られて、全員が私を見つめる場面があったりすると大いに驚くわけだ。あはは。

団塊の世代の「じいさんども」は、(おばさんワールド)にやさしく迎えもらうよう努力をせねばなるまい。

先生は、冒頭
世界は、おばさんが回している。
総理大臣から八百屋さんまで、世間のおじさんのほとんどは、おばさんの世話になって生きている。

と書いている。
実にそのとおりだと思う。
[PR]
by yumehorisi | 2008-01-30 06:32 | 自作自印 | Comments(4)
世の中を支えるのは「おばさん」です。と言う記事があった。
f0029393_201559.jpg
2008年1月24日(木)北海道新聞夕刊「時代相2008」第12話。
筆者・中村桃子、関東学院大教授。という方が書かれた記事で、

タイトルは、世の中を支えるのは「おばさん」です。
人引き込む「会話力」強みというサブタイトルが着いている。

誰に対して書いているかというのは、団塊の世代といわれる「私の世代だ!」

大量の退職者が予定されているおじさんが、地域や趣味で「おばさんワールド」デビューする心構えの書といえる。

ホンと・実に「云えてる・そのとおり」と思って、抜粋しても一日では出来ないので明日もです。

まず最初におばさんは、うなづく。

絶え間なく、相づちを打つ。

しかしこれを
「自分の話が面白いからだ」などと勘違いしてしゃべり続けてはいけない。

おばちゃんの相づちは、「ちゃんと聞いてますよ」と伝えて和気あいあいとして雰囲気を保つためのツール。
大事なのは、自分の考えを言うことではなく、「全員が話を聞いてもらった満足感を持って帰ることである」
自分がしゃべるよりも相づちを打つ練習をしよう。

キーワードは「私もそうなの」
誰かが悩みを打ち明けたら、自分も悩みを打ち明ける。
問題を解決するのではなく、安心して自分の悩みを話すことが出来る場を共有すること。

間違ってもいきなり解決策を伝授して、得意になってはいけない。

おばさんは一緒に笑う。自分の失敗を話すことが多い。

失敗談を聞いて「ここがまずかった」などと注意してはならない。
自分も同じような失敗談を話すのが、共感コミニュケーションの礼儀だ。
上司の悪口を云って一緒に笑うおじさんワールドとは、違う。

今日はここまでで、明日も引用させてもらおう。
1955年生まれの中村教授。
著書も明日紹介します。
[PR]
by yumehorisi | 2008-01-29 20:41 | 届いた絵手紙 | Comments(0)
タオル筆コンクール応募完了!。
f0029393_2038475.jpg

自分の描いた絵手紙をコンクールという名前の着いたものに出す!というのは、今回が初めてです。

ま、ぐずぐず云わず出しちゃったんだから、いいか?

今日は、非常に暖かく日中マイナス4度。
マイナス10度以下に耐えられる服装・装備にしているところに、マイナス4度くらいは困る。

「まず汗が出るので困る」(これまた分らないだろうな)

汗をかくと・マイナス4度がずっと続くわけではないために、
(夕方から気温が下がるとか)シャツが冷たくなる。とか?
「水分は、凍る」ため着替えを必要とします。

「着替えればいいんでないの?」って、それは、着替える場所と着替えがすぐ傍にある場合のみなのです。
ぼけっと作業をやめて立っていると、体から離れたシャツが急に冷たくなる場合があるのです。自分が汗をかくのも、一緒に作業をする方に汗をかかせてもいけないのです。

しかし、爆弾低気圧という言葉もあったわけですが、冬の道東はいい天気が続くのです。
「オホーツクブルー」とかね。

真っ青な空に、海一面真っ白な流氷。
朝の日のでは、70%の確立で見ることが出来るといってる方もいる。

北海道の旅行は、冬なのです。

(こんな事を書くと、本当は来てほしくねーんでないの?)と云われそうだな。
[PR]
by yumehorisi | 2008-01-28 21:10 | 届いた絵手紙 | Comments(4)
こんな絵手紙の交流。
f0029393_6451710.jpg
日本絵手紙協会の総会が、開催されるということでそれに合わせて、集まりを持とうとしています。

2001年5月中国蘇州市に派遣された絵手紙使節団員のグループです。

例年・総会に合わせて自然発生的に集まりを持っているのですが、7年目になる今回は少し文書を出して「同窓会」の真似事になっています。

「なってます?」って私が勝手に事務局長ですので。あはは。


f0029393_6455526.jpg
で、24日に集計した結果として、

「誰が参加。誰が不参加。
誰と誰が同じ場所に宿泊。途中退席。
総会に参加だけれど懇親会には不参加。
携帯は、誰とだれが持っている」

などの情報を、手紙で流しました。

ここまでは、良いんだが、その文書が「着いたよ!」とパソコンメールで来る。

「椿の絵手紙をメールに添付して」
というのが、いつもながらすごい。

デジタルとアナログの両方を上手に使っていらっしゃる。

そして、夕べのメールを今朝のブログにすかさずアップ。

3月末頃まで、白と黒の世界になるこちらは、「赤」が目に沁みる。

すごいやはりパソコンだね(沁みると染みる)を使い分けられるぜ!。
[PR]
by yumehorisi | 2008-01-27 07:11 | 届いた絵手紙 | Comments(0)
手元を見ないで描く?
f0029393_13114353.jpgf0029393_1311599.jpg


札幌は、雪だけどこちらは、「快晴」
テレビ局は、札幌にあるから、天気予報も「北海道上空は・・・・」などという言葉から入ってくる。
いかにも北海道全ての空があたかも雪雲に覆われて、どこもかしこも「がくさん」も大雪で悩んでいるので無いかとという按配だが・・・・・。

とんでもない。おらほの町は、快晴です。
(大陸から北西の風が、日本海の温かい湿気を巻き込んで石狩湾・札幌上空に来て雪となって降らせる。雪として湿気を下ろした乾いた風は、北海道の東側に吹いてくる)という図式です。

さて、冬の木の芽です。左が「藤」・右が春先黄色い花を咲かせる「れんぎょう」
これらは、春の訪れとともに、刻一刻と膨らんできますので、毎日違った状態になるといってもいいんだけど、北海道の場合は、花は5月だからまだまだで、硬いまんまです。
f0029393_13232280.jpg

で、いま私は、左手にレンズ。右手にシャッターなので、どうしょうもないのですが・・・。

はがきは置きっぱなしです。
左手にレンズを持ちますよね。
目は被写体というか?モチーフというか?画材というか?それを見続けます。
はがきにどんな状態で書かれているかは、眼中にありません。
当然「はがき」からはみ出るかもしれません。
はみ出るくらいに、描き始めた部分から、その上そのとなり・そのとなりと書き進めます。

これまた当然・私が考えた描写法ではありません。
小池絵手紙協会会長が、講演等で指導する方法です。

スクリーンに、映像を映しその映像を1~2分で速写します。
「手元は見るな!」という声がかかりますが、ま会場も暗くてみえませんから。
慣れてきて、平気で手元を見ないで描けるものです。

「葉っぱ」などもこのスタイルでやると、「さらーっと」書いてしまった葉と違い、葉の外側の出入りがしっかり書かれて良いものです。
[PR]
by yumehorisi | 2008-01-26 13:39 | 自作自印 | Comments(7)
今日は、吹雪?。
f0029393_19105998.jpg
確かに夕べから吹雪だったのですが?

雪は重くないし?(雪が重い・軽いという感覚が分らないですよね)

湿度の多い雪と湿度の少ない雪があるのです。

湿度の多い雪の場合:特徴として。
大気の汚染度の少ない水の塊りが雪として落ちてくる。
よって、雪の色は鮮やかな海の底を思わせるような水色。

(ここまでは、ロマンチック)だが、水分を含んでいるため、市販の10キロおコメ袋が、道路に敷き詰めららている重さ。分るかな>

軽い雪:特徴として。
軽くて軽くて、風向きで玄関先に何も無くても、3歩先には、背の高さの雪があること。
(吹き溜まりあってさ!)というような言い方をしてます。

ま・そんな事は冬にある珍しくないことで。

さて、「冬芽」です。
いろんな木々の芽吹く姿を書くのですが、いま使っている筆記具は、1本100円ほどの「ダーマート」
この筆記具の色は、何種類もありますが、私は「青」をお薦めします。

で、この筆記具の特徴・利点だけど・・・・・。
ま~いいか。

描き方ですが、「ルーペ」で見ながらのスケッチになります。

「モチーフを見て、手元は見ないという描き方」をします。
これが、伝わるかな?
「どういうことなんですか?」質問をください。
無ければ知っているということかな?

f0029393_1937127.jpg
絵手紙は、交流なのでいろんな交流があるもので、一つ一つの出来事をかけないのですが?。

さて、お嫁入りできない名前遊印「みちこ」さんですが?一歩ランク下がって。

「みちこ」という名前の友達が居ます。という方・ご連絡ください。
f0029393_1944456.jpg

当然早いもの順と言いましょう。
「友の会」名簿には、なん名かいらっしゃいますのでそちらに、送ります。
[PR]
by yumehorisi | 2008-01-25 19:47 | 届いた絵手紙 | Comments(6)
冬の北海道・今の時期は何を描く?
f0029393_631035.jpg

ほぼ毎日のように絵手紙が届きます。
習慣ですので、絵手紙がポストに入って無い日は、淋しいのです。
「60歳」になろうとする男が・・・。といっても正直淋しいですよ。

タレントのファンレターではありませんから、自分から書いて出さないといけません。

と思っているのですが、北海道の今の時期は「野に咲く花」なんぞまったくありませんので、絵手紙始めたばかりの頃は、「花を描くのが絵手紙」と思ったりして停滞しました。

絵手紙のモチーフで、「生涯追い続けるテーマを持っている」という方も居ます。
町と町をつなぐ「橋」を描く人。野菜などの「根の部分」を描く人。
今の時期は、「木の芽」を描くという方が居るようです。

ルーペを片手に、木はそれぞれ木の芽の形が違って、桜は桜ですからから面白いのです。
f0029393_6311852.jpg

木の傍で、ルーペを片手に木々を大切に。

とっても素敵ですが、今時期の中標津でそれをやってごらんなさい。
筆も氷る・墨も固まる。鼻水は出る。
あれっ!今日は何の話だっけ?
[PR]
by yumehorisi | 2008-01-24 06:51 | 届いた絵手紙 | Comments(4)
流氷の来る頃。
f0029393_20531312.jpg

(北海道新聞根室版・1月23日から)
流氷と絵手紙ってなんの関係も無いようなのですがね。

流氷は、このあいだまで港を埋め尽くし、そのため漁に出れなくて「やっかいもの」と呼ばれたそうなんです。
ところが、研究の結果流氷は、北海道には貴重な要素だったそうです。

流氷になる塩水は凍りませんので塩分の入っていない「生水」が凍るのだそうです。
その水は、広大な森林の落葉樹を通過したアムール川の水が「植物性プランクトン」満載にして凍るわけです。

その塊りが、北風にのって北海道に来るわけです。
当然その流氷は北海道でとけるのです。

プランクトンいっぱいの流氷がとけることにより、小魚が寄ってきてその小魚を食べるために、中位の、そしてそのという「食物連鎖」が起きるのだそうです。

と思ってもやはり寒いのです。あはは。
f0029393_21649.jpg
流氷とけて、春風ふいてハマナス咲いて・・・宗谷の岬。
唄のとおりです。

じっと待つんですね。
「待つしかない」のですね。
あの花が咲いた。この花が咲いた。いろんなところから聞こえてきても
聞いても聞かないフリをして待つんです。

「春よこい・早くこい。」いくら呼んでも来ないのです。

まったく馬鹿にして、パソコンまで「貼る横井」って変換するんだもんな~。

明日24日から25日にかけて吹雪だそうです。
楽しみです。
そして
f0029393_2113455.jpg
まちがって作ってしまった遊印です。
ブログをご覧の「みちこ」さま。
コメント欄に住所を非公開でご連絡ください。送りますから。
「みさこ」という依頼を「みちこ」とつくってしまって。
[PR]
by yumehorisi | 2008-01-23 21:20 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(5)
「タオル筆コンクール」締切迫る。
f0029393_20252739.jpg

通常は、火・水曜と休みなのですが、今日は火曜一日だけ。

午後から、(財)泉佐野市公園緑化協会主催・「第4回タオルで描く絵てがみコンクール」への応募作品を描こうと思って取り組んだ?が。

まず、このコンクール1月31日(当日消印有効)なのでまだ間に合うのだが、ことが「コンクール」となると話は別だ。

「展示会をやります、私に激励絵手紙をください」これは、(いいとも!)の二つ返事で描ける。
「良い評価を期待して描く」というのは、難しい。

これは、「がくさんに絵手紙を送ったら、ブログにアップされて全国に」と考えるのと一緒のことだと思っている。
「アップされる」事を前提に書くのは、やはり私も描けない。

小学校も満足に出てなくて、字も満足に書けない野口英世のお母さんが、アメリカに居る息子・英世に出した金釘流の手紙が、話題になるのだが、何も今の評価を得ようとして書いた手紙のわけはなく、一生懸命が心を打つのででしょう。

さて「タオル筆コンクール」一度もコンクールというものに応募したことはないので、やってみます。

だからこんな時は、なまじ「日本絵手紙協会公認講師」なんぞの肩書きは、非常に邪魔をするのです。
でしょう?「公認講師でこんだけ?」って。あははですよね。「どんだけ~」ですから。

四苦八苦・難行苦行・七転八倒・森羅万象八百万(やおよろず)の神々にお願いして、私に描かせてくださいとやってます。今日は出来ませんでした。

あはは。
[PR]
by yumehorisi | 2008-01-22 20:48 | 自作自印 | Comments(5)
京都から「ろう梅」が。
f0029393_19151430.jpg

「ろう梅」とは、どんな字を書くのだろう?
「ろうばい」に「狼狽」しているわけではないが、パソコンだと「書けもしない字を、操ること」ができるという危険に直面している。

「知ろう・知る」というに時間をかけようかとも思っている。
「寄せていただいた絵手紙」がどこから来たのか、住所さえ読めない状態で返事を書くこともある。(これじゃいかんべ!)

「少なくともこの付近から来た絵手紙」とか。
一歩踏み込んで、その人を知ろうとか・考えを知ろう・解ろうとか。

いや~どうも去年はいい加減だったな~~~~と。
忙しすぎたんだべ。と思う。
[PR]
by yumehorisi | 2008-01-21 19:40 | 届いた絵手紙 | Comments(2)