絵手紙遊印彫師・夢追い人
yumehorisi.exblog.jp
日本 絵手紙協会公認講師。第1・第3回中国絵手紙使節団員参加。独特の消しゴム印と絵手紙のジョイントを探る
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
日々是絵手紙
絵手紙の小窓
わたしのささやかな暮らし
うさぎとかめがす~べった
はがき絵 日和
ふるさとの礎    なか...
孫日記~遥かなる和へ
北の端っこから 日記
PHOTO雑記帳
日建ハウジング ブログ ...
清野建設株式会社
中標津レクリエーション協...
在日中国人女性の随筆  
お花 to 園の情報
第一宅建設計ブログ
My slowlife ...
北根室ランチウェイ:お知...
北根室ランチウェイ(旧ブログ)
カワセミ工房 鎌倉 (旧...
すみさんからの絵手紙
KUKURAのなんでも日記
のこたんのきらきら絵手紙...
ぽんぽこの絵手紙、字手紙...
素敵にハンドメイド  (...
チャーミングさんの絵手紙...
QPの思い立ったら吉日~...
工務店女房の細腕繁盛記
きゅうママの絵手紙の小部屋
北海道フライングディスク...
里のままが描く絵手紙
月の夜うさぎのように飛び跳ねる
ちびちゃんだより
元気もらって元気くばり
すみちゃんの「絵手紙のあ...
釧路自主夜間中学 「くるかい」
泰山の絵手紙
柴まみママの大多喜便り
がばいちびちゃん の 絵...
銀河夢
花追い人の絵手紙いろいろ♪
絵日記&50円の旅
三日坊主
えっちゃんの絵手紙日記
ピッコロの晴耕雨筆
どんぶりカフェ&お弁当 ...
一汁三菜&ときどき絵手紙
花よりライス~BANAN...
絵てがみとナチュラルリース
ごまめのつぶやき
NONKOの絵手紙便り
最新のコメント
23日の森様! どうし..
by yumehorisi at 04:59
ohisashi bur..
by saitama no mori at 12:22
14日の鍵コメ様。コメン..
by yumehorisi at 04:36
がくさん ありがとうご..
by mt-banana at 12:26
7月1日の非コメ様 若..
by yumehorisi at 05:00
4月7日鍵コメ様 了解..
by yumehorisi at 05:40
3月1日非コメ様。 ご..
by yumehorisi at 06:25
22日の鍵コメ様。 あ..
by yumehorisi at 05:53
nobuyuuta 様..
by yumehorisi at 05:22
ご苦労様です。 北..
by nobuyuuta at 10:36
リンク
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
絵手紙
from 一語で検索
郵便番号
from いま話題の検索語とは?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
9月だぞう!
f0029393_5403841.jpg

いよいよ本気で9月が来るんですね?

きゅうママさんから、展示会にあわせて忘れ物の注意メールが来てます。
やることもいっぱいあるんだようね~?
出来ていないことも、もり沢山。

いよいよ9月になるんですね。
ま~9月も、いろいろ行事が目白押しなんです。
もう!忙しいのが嬉しくてたまんない性分ですから、
バカだな~と思いますよ。

選挙も終わり、台風の心配もあって・・・・?

9月も、ひと踏ん張り・楽しみましょう!
[PR]
by yumehorisi | 2009-08-31 05:51 | 届いた絵手紙 | Comments(2)
巻紙なんて怖くない?
f0029393_4282132.jpg
事の発端は、きゅうママさんの
絵手紙教室での話しからです。

確かに初めて巻紙を見たときに、
こんな大きな紙に?
という気持ちは、当然です。
私もびっくりしました。

今は、最初から「タオル筆」
という場合もあるので、
違和感無く巻紙から、
始める場合もあります。


生徒さんには、巻紙で、怖がらないで!

もう書くことが無くなったら、切れば良い。
もっと書きたいことがあったら、足せばよい。

横に使うも、縦に使うも良い。縦にも横にも足せば良い。
と指導してます。

さて、本題の話・感謝状の話

「ありがとう」の感謝状を書く話でした。

すでに読まれている方も、居るでしょう。
日本放送協会編者・発行。
平成13年第1刷発行。
夫から妻へ、妻から夫へ・「60歳のラブレター」という本です。

その本の、219ページ。
大阪堺市 山中常吉さん(52歳)
夫から妻への文章・で、
新婚時代、毎日、早く帰らずゴメンナサイ。
の1行目から入るラブレターで、「5っのゴメンナサイ」が、あって、
子供達を立派に育ててくれてありがとう
から始まる、「5っのありがとう」が、続きます。

で、この「ゴメンナサイ」も、「ありがとう」は、
より琴線にふれるよう「具体的」である方が良いだろう思う。

具体的とは、場面をイメージできるように、「こんな事があってゴメンナサイ」
と成る方が、良いと思う。

当然、「ありがとう」も、具体例を挙げて、抽象的に成らないよう「ありがとう」
の方が、読み手側が、場面をイメージできるので分りやすい。

本の中の文章は、5っ5っで、ぶつっと終わりなのですが、
最後に、しっかりとこれまた、具体的に口に出さないことを、
口にすることでしょうね。

こんな事があった時、こんな事をしてしまいました。
ごめんなさい。

いやー。ゴメンナサイも幾つもあるが、
あればあるほど、ありがとうも、裏返しであるものだと思います。

ね!どんどん出てくるでしょう。
巻紙の長さなど怖くないって!

最後は、ほろっとさせるような文章にして、泣かせてください。
[PR]
by yumehorisi | 2009-08-30 04:37 | Comments(6)
「歌集」作りは、サクサク。宛名書き遅々!
f0029393_504929.jpg

タイトルのとおりです。

帰宅して28,000曲も収まられている「歌本」から選曲してます。

何のために、
10月16日~18日
田口先生とほか8名で、
レンタカーでの道東めぐり(命の洗濯ツァー)の「車中で歌うべ!」と思って・・。

場所によっては、30分走っても「信号機が無い」場所もあるわけで、
退屈っちゃ~退屈な時もあるわけだ。

「絵手紙から歌が、聞こえてこないだろうか?」
と思っている私なので、より印象を強く刻んで行ってもらいたいと
思うわけです。

羅臼の横断道路を、越えるときは、「知床旅情」を?
♪知床の岬に~。

海が見えたら、「宗谷岬」
♪流氷溶けて春風吹いて~。

摩周湖の付近なら・そう「霧の摩周湖」

疲れてきたら「人生いろいろ」あはは。

18日朝8時!いよいよ根室市を離れる時は、
根室市は、今でもそうだろうか?
「ここに幸あり」が、流れるのよ?

前回「この歌が流れる」ということを、知らなかった訳だ!

なぜ、この歌が根室市に流れるか?しかも、朝の8時にだ!

♪嵐も吹けば雨も降る!女の道はなぜ険し♪

答えは、根室市の人に書いてもらうべさ!あはは。

17日の、ひと時の楽しさ。
根室市での、印象を刻みつつ10月中旬・凛とした朝の寒さ。
薄暗いかも知れない?霧が立ち込めているかもしれない。
カモメが鳴いて空を。
いつまた来れるか?根室市へ?
さよなら根室!

そう!一生懸命朝起きて、化粧した
マスカラぼろぼろになるほど、泣かせてみたいわけだ。

ほら!そこに「ここに幸あり」が、町中に流れるのさ?

待てよ!
「もう流れていません・やってません」と云われたらどうすべ~?

だからさ!こうやって場面場面1曲1曲、
全部で、「手作り歌集」40ページ・
80曲のドラマを作ろうとしている訳だ。

私しゃ、ボランティアガイド事務局長もやってた時もあるわけだ。
だから、ガイドで・運転手で・絵手紙の指導が出来て・歌唱指導・
トータルコーディネーターだもの・・・あはは。
それが、旅行会社のツァーよりも安くだ!

希望があれば毎月でもやるぞ!あはは(ウソウソ)

そう!書くだけの「宛名書き」は、遅々として進まない。
[PR]
by yumehorisi | 2009-08-29 05:47 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(9)
「美味しい物は、残しておくタイプ」ですか?
f0029393_5105031.jpg
予報は、「曇り」なのに雨です。

東側の窓を開けたら、リスが!
そうか?来てるんだ?

我が家の東側には、2~30本の
ちょっとした木や池もあり、
クルミの木もある。

リスが、住み着くには、地域が狭い。

道路を横断して、
走ってくるのか?

たまに、
通勤途中の道路上で轢かれている「リス」が居る。

「餌付け」をしてもいいのだが、命がけで道路を走って来てはこまる。

それよりも、封筒の宛名書き!遅々として進まない。

10月の、レンタカーの中で歌う、「歌集の曲目選択」が、面白い。

「楽」を先にやって・「苦」を後に伸ばすタイプと、
そうでないタイプが、居るようだ。

「美味しいものは、とっておいて後で食べる」
というのと似ている・・・?

ま!最後は、何とかするんだろう・が?

火が着かないと、やりださない。
夏休みの宿題という「トラウマ」もこの季節にあったよな?

九州行きの「チケット」も手にした。
嬉野も、盛り上がっているようだ。

絵手紙協会から、10月告知の確認電話も来た。

嬉野会場は、月刊誌にのるが、福岡小郡は、有料になるため
文章としては、載らないということも確認した。
[PR]
by yumehorisi | 2009-08-28 05:31 | 届いた絵手紙 | Comments(1)
臨機応変(りんきおうへん)
f0029393_5295467.jpg
f0029393_530483.jpg


りんき‐おうへん【臨機応変】
[名・形動]その時その場に応じて、適切な手段をとること。
また、そのさま。「―な(の)処置」「―に行動する」
と辞書にあった。

むか~し昔、
「ねずみが、火を咥えて、天井裏を走り出したらどうする」
と質問されたことがあった。

中国蘇州に、絵手紙の指導に行く?
中国語が出来もしないのに?
中国人で、耳の不自由な方に、絵手紙を指導する?

まったく会った事も無い人たちと、
成田で初めて会って、中国に行く。

考えても考えても、答えの出ることでは無く、
答えが出なくとも、動かなくては成らないことばかり?

そんな修羅場が、何度も続くと、
答えが出なくとも、前に進むということを体験する。

一生懸命頑張っていると、手を貸してくれる人が現れたり
何とかなるものよ?と先日の取手で・・・。

目の不自由な方に絵手紙を指導している方も居る。
その方は、女性でなんと刑務所で、
男子受刑者に絵手紙の指導もされている。

昨晩も「福岡」と電話で話しをする。
「絵手紙の人は、強かね~?」と。

強いわけではない、そう決めないと前に進めない。

そう「チャンスの神様」は、あなたの前からとおりすぎる。
あの時やれば良かった?
あの人もやっているのに?などと。

ねずみの「火」の答えは、「ネコに、バケツで水を運ばせる」
だったような気がする。

中国での耳の不自由な方への指導は、
中国語が出来ないので、
逆に聞こえる方よりも、こちらの云い分を素早く感じてくれた。
それを思い出す。

全く何の準備もしないで、ことに臨むわけではない!
考えられる準備はしてからです。

当然、考えられる準備の数と、
起こりうることの取捨選択は、
「経験をつまないと分らない」ということ事実。
[PR]
by yumehorisi | 2009-08-27 06:05 | 届いた絵手紙 | Comments(2)
すっかり秋
f0029393_6193593.jpg

昨晩帰宅21時過ぎ。

なんとも釧路空港に着陸してから、また東京に引き返せるくらいの
時間を、車で走って帰宅する。

鹿にぶつからないように、キツネに衝突しないようにと?

搭乗後の機内アナウンス
「たんちょう釧路空港の現在の気温16度」
「なぬ・・・・?」

ま・そんな事もある。
ある年に、羽田30度の時に
「中標津3度」のアナウンスを聞いたこともある。
f0029393_6245682.jpg
ちなみに、機内での
筆ペンは?書けるか?
という話ですが?

あはは。インクが
無かっただけでした。

渋谷の文房具?太字の筆ペンを買いました。

書けました。

ただね。

やはり、普通の墨汁と墨には?何人か書きましたが、やめました。

残り4日間で書きましょう。

あ!絵手紙株式会社に、風のように訪問して、べらべらしゃべって帰る。

帰ったらすっかり秋。

おまけです。
昨日かえりの秋田から青森上空での夕日。
f0029393_6355469.jpg

[PR]
by yumehorisi | 2009-08-26 06:34 | 届いた絵手紙 | Comments(6)
取手展示会場下見報告。
昨日、来月19日から開催される取手市の「日だまり亭」を、
下見させていただきました。

もちろん、きゅーママさんも同行。
そうだよね、二回目のご対面!
「しっかり会って話ししたのは、初めてだね」って。
ダハハハハ。

会場に一歩入るや、十分北海道でも通用する
極めて上質なモデルルームです。
自分の家を建てる時、それなりに研究しました。
アハハ、
一階も二階も、温度差が感じられないのです。
これだけで「断熱がいい」んだなと、感じました。
「断熱が良い」って、夏涼しく冬暖かい訳で、快適なわけですな。

建設業を営むオーナーご夫妻にも、ご挨拶。
お二人とも明るく聡明。素敵なご夫婦です。
「また新しい出会い」をいただきました。
うれしいですね。
聞いていた以上に素敵な方でしたよ。
ますます展示会が楽しみに!

町の気温は、確かに30度でしたが、秋の気配です。

釧路から飛んで羽田に着くや、夏休みをすごして来たのでしょう。
「釧路に帰りティー!」
と申しておりました。

飛行機の中での宛名がきですが、筆ペンからインクがでない?
気圧の関係でしょうね?やめました。
ハイ。
[PR]
by yumehorisi | 2009-08-25 06:15 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(6)
用事は、忙しい人に頼む!。
f0029393_4345257.jpg
忙しい人は、今しか出来ないから
すぐやってくれる。

そうでない人は、
いつでも出来るので?
いつ出来るか分からない。
という話しなのですが?

「暇なときに御願いします!」
これって、私は、忘れますね。

な~んか?
最終的に、信頼を落としそうです。

「いつでも?いいです。期待しないで、待ちます。」

期待してなくとも、待っている事は、待っていられるわけですよね?。
忘れているわけでは・ないわけですよね。あはは。

期待してなくて頼んだ方・再度・「何日までと!」
期日指定で私に頼み直してください。

私は、忘れてますから?

忙しい部類になるのでしょうね?

用事があって、今日7時ころには、家を出て上京します。
とうとう宛名書きは、すぐ乾く筆ペンで機内で書くことに?

いや、明日の真夜中には、帰宅しますから。

「今月いっぱい」には、まだ余裕がある?????。
[PR]
by yumehorisi | 2009-08-24 05:04 | 届いた絵手紙 | Comments(6)
昨日は、羅臼町に!
f0029393_5463031.jpg
昨日は、羅臼町へ。

2級ホームヘルパーの
レクリエーション演習の講義。

かすかに雪渓の残る山並みと、
国後の島々。

日差しが強いのに、海風が
ひんやり。

元々本来は?
「レクリエーション・コーディネーター」
という資格で、
専門学校での講義暦約16年。

絵手紙は、レクリエーション実技科目の一つ。
中標津レクリエーション協会

笑顔を引き出して、楽しんでいただいて、リフレッシュして
もらって「なんぼの世界」?。
喜んでもらって笑顔に囲まれて、町を後にする。

親父ギャグも入れて、間違ったら「ごめんね!ごめんね~」
本当「この親父!」ってね。

話は変わって、
9月6日(日)NHKのど自慢の収録が中標津町で。

あはは。私が出るわけないべ?

チケットが2枚・じきじきにいただけるそうで。
画面・左中段・幾分余裕のある「車椅子席」に、居ますから。
あはは。
のぼりでも立てるべか?

今日も勤務・コスモス風日和!
[PR]
by yumehorisi | 2009-08-23 06:08 | 届いた絵手紙 | Comments(3)
待望の四国から!
f0029393_640748.jpg
「念ずれば花開く」でしょうか?

小さな勇気の第1歩です。
徳島県の「がくさんつながり」の
方からの、やってみましょう!
のお話がありました。

期日は、来年1月23日(土)24日(日)
場所は、徳島空港に近い徳島県
板野郡松成(まつしげ)町
・第2体育館
松成(まつしげ)町・第2体育館

遊印教室は、体育館会議室。
展示は、廊下と会議室を使ってとなるでしょうね。

分ってきたのは、政令指定都市とか?県庁所在地などという町を外し、
比較したら小さな町で、やることですね。

「何にも無い町なんです」とか?「公認講師も居なくて」とか?
まったくそんな事は、関係ありません。
大きな町は、人も多く年度計画も、しっかり決まってて、
展示会が入る隙間が無いような気がします。

その点、フットワークの軽い少人数のサークルなどで、
「やりましょう!」と、腹を決め・後は「楽しく」
チャンスの前髪を、掴んだ町が楽しめるのですね。

くれぐれも、間違っては、いけないのは、
「必ずやるべき目標」と「やることが望ましい目標」を、
ごちゃ混ぜにしないこと。

せっかくお出でになるのにとか!から発生する、
ホテルの選別とか食事とか名所案内とか。
これは、「望ましい目標」になりますから、決まればいいのです。

リーダーになった方は、全部「がくさんのせい」にして、
話が・ずれ始めたら「修正」をしてください。あはは。

年の初めですから、年賀状は、すべて張替えになりますね。
「進化する展示会」ですから、そうなります。

「讃岐の無心さん」ともお会いできるようになるのでしょうか?
よろしく御願いいたします。

今朝は、明るい良い天気!
私は、今日は、羅臼町(日帰り)です。
楽しんで来ます。
[PR]
by yumehorisi | 2009-08-22 06:43 | 絵手紙で出逢った人々 | Comments(4)